Stay Connected

水戸短編映像祭の司会をして来た

  • 2007/09/19

パンフ

日曜日第11回水戸短編映像祭のコンペティション部門の司会。今年は柳沢茂樹くんと一緒に司会。作品を上映した後に監督にインタビューするのは司会の大切な仕事の一つなので、ノミネートされた9作品を事前に家で鑑賞しながらメモをとって当日壇上で何を質問しようかあれやこれや考えたり東京で柳沢くんと事前ミーティングしたり土曜日の夜に水戸入りしてからサイゼリアで直前ミーティングしてから、映像祭に臨みました。どこに行っても、サイゼリア。

司会3年目の今年は何でかわからないけどものすごく緊張して言葉を発する度汗腺から汗がどわーどわーどわーっと吹き出た。

準グランプリは高橋明大監督の「最後の怪獣」と、坂元友介監督の「蒲公英の姉」の2作品、そしてグランプリは田中羊一監督の「そっけないCJ」に決まった。

高橋くんの映画には何作か前から出演させてもらっていて、今回の作品もちょこっと出演している。そしてもう一人の司会である柳沢くんは「最後の怪獣」の主演俳優だ。司会しながら自分が主演した映画の受賞を願うってかなりの貴重な体験だけど多分気疲れしただろうな、柳沢くん。もちろん友人としても高橋くんには受賞して欲しかったが、作品を客観的に観ても「最後の怪獣」はとても力のある映画だし、さらに重いテーマを取り扱いながらも「面白い」という貴重な映画だと思っていたので、受賞をどこかで信じていました。おめでとう!

坂元友介監督の「蒲公英の姉」は20分のクレイアニメーションだ。坂元監督に話を聞くと、この作品は自宅で毎日休まず製作・撮影して、結果作品が出来上がるまでに1年間まるまるかかったという。20分を1年。気が遠くなるよー。そんな非常に丁寧に作られた作品の完成度はやはりとてつもなかった。話も泣けるんだよなあーっていうか泣いちゃったもん。素晴らしい映画だった。そして受賞後いろいろ話をきかせてもらって、すごく面白かった。着ているTシャツには何故か「サンシャインマン」(という名のキン肉マンに登場する超人)のプリントが。ナイスセンスな大学生!

そしてグランプリの「そっけないCJ」は、題名同様映画を観ている人間に「おい、そっけないなあー」と言われてもいいぐらい説教くさくない映画だった。力が抜けた、優しさに溢れた、それでいてそっけない、そして何故か切ないという奇跡的な青春映画だった。とにかくたくさんの感情が詰まっているはずの映画だ。しかしそれが決して表面に出ては来ないのだけど時間経過を経て全く違った場所から滲み出て来るってなあって感じがして、観ながらすごく気持ちよかったのだ。中学生男子のダメさ加減がえんえん続き、そしてラストシーンにはそのダメさが頂点に達する。そのラストシーンがとっても気持ちよかったのです!

水戸の話は、つづく。

関連するかもしれない記事

2 Comments

  1. ハル

    2007/09/20 - 0:07:44

    司会良かったです☆柳沢さんと共にゆる〜い雰囲気が水戸にぴったりな感じがしました!作品もどれも良かった〜と、言いたいんですがBプログラムが観られなくて!スゴくもったいないことをしてしまった・・・残念!!私は、スーパー大学生とohayoが好きでした(^_-)

  2. kasagi

    2007/09/21 - 0:10:04

    ハルさん、こんばんは。

    コメントをありがとうございます。私もスーパー大学生好きでした!面白かったですねえ。ohayoも完成度が高くで素敵な映画でした。Bプログラムを観れなかったということはかなり残念・・・。

    拙い司会で、お恥ずかしい・・・。また機会があったらがんばりまーす。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。「*」は必須項目です。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×