Posts at Random



静かに


田舎



Stay Connected

双頭の私

  • 2008/02/08

テーオ

忙しかったり全然起きられなかったり緩急のある生活です。でも、こういう生活の中でも私はわたしのペースをつかむこと、それが大切なのだ。それこそ、ありとあらゆる結局は全て自分の中にある敵に打ち勝つために、バネのようなしなやかさと鋼のような図太さを身につけたいものですな。

まず、先日ずっと行きたかった合羽橋商店街に行きました。友人を誘って。合羽橋はキッチンにまつわるエトセトラが全て揃った問屋街。ありとあらゆるものが売っていて見ているだけで楽しかった。友人とああでもないこうでもないこれは安いこれは持っているとお喋りしつつ、心は大興奮。まんじゅうに「寿」と印をつける焼印とか、ハンバーグを置く用の鉄板皿とか、ものすごくでかい薫製壷とか、売ってるの初めて見たよ。私は18cmの業務用アルミ鍋とムーミンのビッグマグカップ(柄は大好きなミー)と今回の買い物の一番の目的でもあった茶筒(金魚柄)と、何だかよくわからないアルミの筒(たぶん中国茶を入れる茶筒)、ちいさなショッピングバッグを買いましたが、これで合計6000円程度。帰宅後「やっぱ、あれも買えばよかった!!」と後悔すること炎の如し。また行こう、必ず。

直木賞を受賞した「私の男」を読んだ。桜庭一樹さんって初めは男性だと思っていたが、写真を観ると小さくてかわいらしい女性。読後10分はこの小説に直木賞をあげたことにまず驚いた。正直な感想。ものすごい力と勢いがあってたぶん技術も秀でていてこの小説自体にはえもいわれぬ迫力を感じるのだけど、書いている題材そのものが暗い熱量を持っているので読み終わった時は正直お腹いっぱいに。「・・・やっとこの地獄が終わったか・・・」って感じが多少。そのとある(アンモラルな)題材に嫌悪感を持つ人も多そうだし、重ーい人間関係をエンターテインメントとして捉えきれない部分は否めなくて。しかしこの小説に直木賞、はたぶん正しい選択なんだろうな、と読後10時間ほど経過して思いました。それほどの重みがあるのではないか、と。しっかしあの小さな体からこんなヘビーな作品が生まれるのかと思うとちょっと感動しますよ。それぐらい小さいよ、桜庭一樹さんは。まあ、その自分の思考の変化も含め、結果、面白かった!

アデューの打ち合わせをしながら、もっと早めに考えなければいけなかったことがボロボロ出て来て、かなり恐ろしいことに。いろんな方面にメールをして1日が終わることもあり、ああ、私が双頭だったらなあと本気で思うのです。プラナリアのイメージ。今、相馬くんがアデューのロゴを作ってくれています。かなり素敵なロゴになるね、これは。

いくつかの舞台に参加できることになりそうです。話をいただけて嬉しいものばかり。そのうちここで発表できるかと思います。

関連するかもしれない記事

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。「*」は必須項目です。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×