Stay Connected

明日のアー「最高のアー」終了しました。

  • 2019/11/11

明日のアー「最高のアー」は全日程を無事に終了いたしました。ご来場いただきましたみなさま、本当にありがとうございました。

 

 

ここ1年ほど「今までとは違う、新しいところに行って新しい自分に会いたい」と漫然と思っていて、明日のアーが私の「新しいところ」となりました。めでたい。

明日のアー主宰の大北栄人さんとは今年の春にテアトロコントでご一緒させていただきました。コントに出演するのはシティボーイズ以来。笑いをやるのは難しいし怖いと常々思っている私がなぜテアトロコントに出ようと思ったかというと、ただもう私の勘です。タイミングです。これは出てみたらいいんじゃないかなと、自分の中身がそう思ったというか。それに加えて共演者に高木珠里さんの名前があったから。高木さんと一緒にコントができると考えただけでワクワクでしびれました。ああこれはチャンスだ、ぜひやってみるべきだ、そんなふうに思ったのです。

そして今回、明日のアー本公演に出演することになりました。

日々の稽古では皆がそれぞれに面白い。稽古中は人の芝居観てひたすら笑っていました。でも自分は果たして面白いのだろうか…ちゃんとできているのだろうか…と不安に。自虐的だよ人生は。でもあまり不安がっていてもおまえさんいくつだよと言われかねないので、もう大北さんについて行こうと。大北さんの台本は非常に緻密で知的で、そこからのダイナミック。演出もすごく論理的なんだけど、突然脱輪して、暴れ馬のごとく目の前を駆け抜けていく感じ。そのバランスがとても面白かった。そしてとにかく個性爆発のアーメンバーの胸を借りて、私は私なりにこっそりやってみようと。

会場のユーロライブに入ってからはいろいろなことが不安で落ち着かなくて、本番前にセリフを反芻しながらレッドブルを2杯飲んでしまったり、家からコンタクトレンズを30個持ってきてしまったり、飴を1日で1袋食べちゃったり、迷惑メールが1日に200件ぐらい来るようになっちゃったり、楽屋にリュックサックが2つあったり、まじでどうした案件が多発。相当不安定な人でしょ、これ。

でもどんなことがあろうとも本番は始まります。俳優といえど、否、俳優だからか、舞台に上がるのはいつもとても怖い。でも今回あんなことしたりこんなことをしたことでお客様がわーっと笑ってくれて、怖さよりも、幸福が優った。嬉しかった。私がリュックサック2つ持ってきてたことなんて取るに足らないこと。なかったことにすりゃいいのさ。

そしてここは確かに今までと違う場所であり「新しいところ」だと思った。そこで今私はコントをしている。自分としては大きな挑戦だった。でもそんな仰々しいことなんかどうでもよくて、みんなと一緒にずっとくだらないことを考えている時間が楽しかったです。

 

 

大北さんに千秋楽まで「こんなふうにやってみたらどうでしょう」と言われ続けたシーンがありました。呼吸と体が重要なんです、そのシーンは。フィジカル弱い自分ではどうにもうまくいかない。段取りを踏んでしまう。頭で考えているのがわかる。稽古しても思い通りにヒットしない。でも「できないなら仕方ない」ではダメなシーン。正解がある。ここはバチっと決めなければならない。でも決められなかった。悔しかった。まあ、藤原(浩一)さんとよシまるシンさんをビンタするってだけのところなんだけど。そのタイミングと、身体とね。はー、今思い出しても悔しいぜって、真面目か。真面目だ。ともあれ他のシーンでもいろいろ試行錯誤させていただき、すごく勉強になりました。

難しかったけど、楽しかったです。

みなさま、ご来場いただきましてありがとうございました。

関連するかもしれない記事

無題

2008/05/22

美しい形

2010/04/23

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。「*」は必須項目です。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×