Stay Connected

<モスクワの海・延期記>中止を超える

  • 2020/12/19

2020/12/19

 

「モスクワの海」が中止延期になった。

 

先に、長い文章を書いた。そこに書かれていることが全てである。今まさに新型コロナウィルスが感染拡大している真っ只中だ。様々なことを議論し、お客様のためにも、社会のためにもやらないほうがいいと、4人で決断した。

決定し、事を粛々と進めた。各所に連絡し、説明をした。TwitterなどのSNSに書き込み、告知をした。メールを書いたり、返信したり、稽古場のキャンセルをしたり、それで数日が経過した。

 

この舞台は今年の夏から準備を始めた。このコロナ禍の中、ひょっとしたら「こうなるのではないか」とあらかじめ覚悟はしているつもりだった。そうなってもへこたれたりしないように心の準備をしていた。日々ジャッジを重ね、自分のメンタル危機管理を整えていたはずだった。

しかし実際は、それを軽く飛び越えてくるものがあった。まあ、私のメンタルの弱さは各方面に定評がある。「涙に価値がない」とまで言われるほどの泣き上戸だ。まずはそこだろ、かもしれないものの。

 

「公演中止の選択は、もしかしたら間違っていたのではないか」

「意味をなさないものなのではないか」

その思いが今も自分の中にある。

 

「会食、ステーキ、マスクなし」。

一連の報道を見る。

これで「医療従事者に云々」という、その矛盾。

誰が、誰を守るのか。

 

この大いなる矛盾を引きうけて、私たちは前に進むしかない。

 

10月からこつこつ稽古をしてきた。

その中で、出演者の3人である松竹生さん、高木珠里さん、踊り子ありさんとたくさん話をしてきた。

いいチームだと思う。

この状況下で演劇の稽古を続けることは結構いろいろ大変だけど、まずもって重要なことは「相手を尊重すること」だと思ってやってきた。人として当たり前のことだし、とりたてて言うことではないかもしれない。小さなことかもしれない。でもこれは結構超重要で。それが今4人の間で、バリバリ成立している。ストレスがない。奇跡のフォーメーションだ。それは俳優3人が舞台上でお互いを尊敬し合っているからなのではないかと、稽古を見ていて感じた。もしかして3対1だったら、どうしよう!でももし3人が結託して私の悪口を言っていても、私にバレなければ構わない!頼む、この先もだまし続けて欲しい!

 

ここで皆さんに朗報。3人ともすごく素敵な俳優さんだ。

3人を見ていると、俳優の呼吸とはこういうことなのだなあと勉強になるし、あと、純粋に楽しそうだ。面白いことをやろうとか、こういうふうに見せようとか、そういうことではなく、それ以前に、もっと原始的な「幸福」がそこにあるというか。私も3人に混じってセリフを言いたくなるが、あいにく私の出番は一切ない。びた一文ない。私は基本的には当て書きスタイル(世にそんなスタイルがあるのか知らないが)なので、今後も自分のセリフは書けないし書くつもりもない、感じがします。ちょっと厳しい、感じがします。

 

中止にしようと決めた日、3人が延期を強く希望してくれたことに、大きな力をもらった。

前に進む力だ。

私もこの3人の姿をみんなに見て欲しい。

暖かくなった頃に、なんとか、見て欲しいと思う。

それが私の次の目標になった。

 

少ない機会を最大限使い、稽古に勤しみ、いつか見てもらえますように。

 

というわけで、小さな演劇「モスクワの海」は続くことになった。中止になってから書き始めるのも不思議だけど、この公演に関して思ったこと、俳優のことなど、チームのことをここに記録していこうと思う。

 

2020年から2021年の我々の演劇の記録である。

 

新型コロナウィルス感染拡大が少しでも収まりますように。

うがい、手洗い、マスク、これ絶対。

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。「*」は必須項目です。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×