Stay Connected

Posts Tagged ナフル

呼吸

  • 2007/10/19

from ktai

最近呼吸法に凝っている。ヨガを勉強している最中に知ったんだけど、いろいろ順番が面倒臭くて面白い。鼻の穴を片一方押さえて吸うとかさ。一回呼吸するにも大変なのだがそのおかげか、やたら汗をかくようになった。新陳代謝してくれているのかと思うと嬉しい。昔から呼吸は苦手分野だった。特にこの季節はすぐ喘息になる。呼吸が苦手って切ない話ですねえ。秋ですねえ。しみじみ。ナフルは相変わらず飄々としています。

ナフル悩ましげ

  • 2007/10/09

from ktai

風邪気味。忙しくて疲れがたまっていたのかも。気をつけねば。林檎を食べました。

携帯電話を変えようと思っている。価格.comのサイトで私の現在の携帯使用状況を入力したら、何と同じ条件でウィルコムを利用すれば4000円近くも安くなるという結果が。しかしウィルコムには魅力的な携帯端末が少なくて、迷う。ソフトバンクも今よりは安くなりそう。携帯端末も可愛いし愛着持てそうだけど、何か迷う。その何かが何なのかまだ見えない。思い切ってDoCoMoにしようかなとも思うが通話料は割高みたいですね、auよりも。じゃあ替える意味ないじゃん。そんな感じで頭の中は携帯のことでいっぱい。明日は早朝から山梨ロケ。くだらないこと考えないで風邪薬飲んで寝るます。

ポリリズム

  • 2007/10/02

前回の日記は寝ぼけている状態で書いた。あとから読み直したら変な文章だった。本当に覚えていないものだから、びっくりするよ。あまりにひどいところは削除。同じこと何度も書いてたり、めちゃくちゃなのである。

今日は信濃町で撮影。これでドラマは一段落つく。撮影のおかげでずいぶん早起きになりました。

急に寒くなったので、ナフルのいる場所も変化。風呂のふたにいることが多くなったらもう冬の予感である。ナフルも歳をとっていく。私も友達も皆等しく歳をとる。

若い頃一緒に芝居をしていた女の子と久しぶりに連絡をとる。近況報告のため。関西にいる彼女はとても元気だと返信をくれた。彼女に会わなくなってしばらく経つけれど、ずいぶん歳とっただろうな。いろんな意味で、私と同じように。

いづみ

  • 2007/09/06

今日はとても深い日でした。そのせいで自分を卑下し情けない場所まで落とし、一体私はどうしたいのか、どうされたいのか、自分がわからない。混乱しています。今ようやくPCの前に座ることでしっかりしなくちゃと思い、切り替えた。はっきり切り替えた。と思う。ナフルの笑わない笑顔が可愛い。

アデュー前

  • 2007/09/02

とても面白い話である「電車の中で見ず知らずのおじさんに突然怒鳴られた事件」はさておき、下北沢のサイゼリヤに行ったり浜松町にバイトに行ったり初台で仕事したり森下に遊園地再生事業団の稽古見学に行ったり、東京を西へ東へ行ったり来たりしていた一週間だった。その間にこれから書き出す台本のことを考えていて、なかなか纏まらないながらにいくつかの書きたいことが塊になってきた。サイゼリヤは半分どうでもいい話で半分会議の気分でドリンクバーを何度もおかわりしたのだが、内容うんぬんより、人と話すことそれ自体で自分の気持ちが整理されて行くのがわかった。話だけではなく、人が話している時の動きや表情や距離感といった身体全てがいつでも私にたくさんの想像力と整理力をくれるのだった。その力を信じるか信じないかは自分にかかっている。

そんなことも含めつつ、どうやら太ったらしい。そんなわけで「オタキング」岡田斗司夫さんが大変なことになっていると知り、私も少しダイエットしようと決意。滞ったリンパよ、待ってろよ、今行くぞ。ところで痩せた岡田さんが何故か吉田拓郎に見えてしまうのは私だけか。

身体をしばらく洗っていないのに、ナフルはいつもいい匂いがする。どうしてだろう。そういうことも全部ひっくるめてとても面白いからナフル永遠に死なないでほしいなどと素っ頓狂なことを考えてしまう。

ナフ

イ・ア・ラー!!!!

  • 2007/08/06

阿部和重「グランド・フィナーレ」が面白かった。一気に読み終えた後もその面白さについて考えてなかなか眠れなかった。久しぶりです、小説を読んで素直にわくわくしたのは。興奮して眠れないとはこのことだ。読んでいる時は恐怖と不安の間の細い道を辿っている気分だったけど、読み終えて決して晴れ晴れとはしない気分の中、何故かものすごく感動していた。

北野武監督「TAKESHIS」を観た。私はとても面白く観たのだが、公開時はどんな評が出ていたのでしょうか。たけしの顔だけで100パーセントな画面が次から次へと堪能できる。何だか北野監督がたけしという役者を使いたがるのがよくわかる気がする、それは「水曜どうでしょう」で「他の人にやらせるよりもコストがかからず、イメージに近く、そして早い」という理由でプロ顔負けのナレーションを担当する藤村プロデューサーのそれと近いのではないか。いや違うね。金髪のたけしもすごく面白いし魅力的なんだけど、寺島進のダメ感はすごいね、ちょっと。もう笑うしかないかっこ良さです。さて、これで「監督・ばんざい!」を観に行けるぞ。

我が家の失禁ボーイ、ナフルの結膜炎はほぼ完治しました。よかった。

友達と酒を呑む。暑いからビールが美味しいのだが、ほとんど呑めなかったのに最近明らかにアルコール量をこなせる女になりつつある私、一体自分はどういう体質なんだ。身体よ、呑めるのか、呑めないのか。とはいえ、お酒はたしなむ程度が一番です。若い頃酔っぱらって池袋駅構内で財布から小銭を取り出して「もってけー!!!」とばらまいたらしい(覚えてない)女としては、自分の酒量はきちんと自制していかねばならないのです。それは大人のマナーです。

楳図かずお先生が大変なことになっているのは皆さんもご存知のことでしょう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070806-00000011-gen-ent

テレビニュースでも観ましたけど「色彩の暴力です」っていう言葉(と、その言葉を選んで話をする住人)はさすがに気持ち悪いなあ。うまいこと言い過ぎていて。でも、まことちゃんが毎日夢に出てくるのはさすがに大変ですねとしかいいようがないね。本当かどうかわかんないけど。で、私の好きな作品「イアラ」や「愛の奇跡」なんかを読み返してみた次第。やっぱり哀しくて切なくてそしてものすごく面白いのでした。ま、全編通して変だけどね!

タハ(仮)

  • 2007/08/05

ナフルJr

Jr2

ナフルそっくり

ちいさい

猫を拾った友人の家に遊びに行く。もちろん子猫を観に。

うーん・・・これは、ナフルじゃないか!!っていうぐらい似ている、2年前のナフルに。小さ過ぎて踏んだらぺちゃんこになっちまうとか「リモコンと同じ大きさだよ!」とか、ナフルが我が家にやって来た時のてんやわんやを思い出した。あの時は頭の中100%ナフルだったな。猫を飼うという現実に負けそうになりながらも親になった勘違い感もあり、妙に興奮していました。そして私にとっては非常に深い日々だった、あの頃。

今のナフル

こちら、現在のナフル。4キロです。子猫は現在350グラム。「名前、ナフルJrでいいんじゃない?」という私の意見あっさり却下され、名前は「タハ」になる予定だって。深い意味があるのですが書くと長いので割愛します。しかし、とてもいい名前。

ナフル、病院へ行く

  • 2007/08/04

朝起きたらナフルの左目が腫れ上がっていた。何故だかはわからない。昨日の夜は普通だったはずだから、夜中にどこかにぶつかったのだろうかと考えたが何せ相手は猫だから問いかけても返事はない。そのまま私は仕事に出かけた。

仕事中も気になる。終業後急いで家路についた。玄関の扉を開けたら、ナフルはいつもならそこにいて私を出迎えてくれるはずなのだが(というか、私が玄関を開けた隙を狙って脱走を企てるために出迎えという偽りの行動に出ている)、いない。「ナフル!」と大きな声で呼んでみたら、奥の部屋から「どたっ」という音がした。これはナフルが押し入れの上段から飛び降りる音である。彼は押し入れの奥深くの闇を好んでいていつもそこで寝ているのだから、ああ、寝てたんだなと私はほっとしたのもつかの間、ナフルが玄関に向かって歩いて来たその左目は、もう開いてすらいなかった!朝よりも腫れ上がりお岩さんのようになっている。「ナフル!どうした?痛い?」と問いかけても返事は返ってこない。ニャーニャーとも言ってくれない。何を言っているかはわからんが何かを言っているという普段の状態よりもずっと無口で、心なしかしょんぼりしているように見えるし、とにかく急性の病気だったら大変なことになると、私は動物病院行きを決めた。

ここからが戦いだった。まずナフルは猫用のキャリーケースに入ろうとしない。入れようとすると私の腕を引っ掻いて暴れて走り去る。これに入ったらどこかに連れて行かれる、だまされねえぞ、とすぐに察知。勘のいい猫だ。何度やっても同じ。部屋の中が暑いことも手伝って私は汗ダラダラで猫と格闘、し、負け。キャリーはあきらめて、大きなビニールバックに、さりげなく入れることに成功する。上部のファスナーを閉めた瞬間バッグの中で「ギャー(たぶんだまされた!とかここからだせこのヤローとか言ってる)」と叫ぶナフル。「ごめんね、ごめんね、大丈夫だよ、病院行くよ」と話しかける私。お金や地図を持って家を出ようとし、玄関を開けたその瞬間、バッグの中から断末魔が!そして彼はそのまま失禁してしまいました。バッグの繊維をすり抜けて私の足につたうものは確かにあったけど、でも私はどうしてもこいつを病院に連れて行かねばならんのだよ。もらされようと、何だろうと。

そこからも七転八倒して病院へようやく辿りつく。診断は「急性結膜炎」だって。目に何らかの刺激があってそれを気にしてひたすら掻いてしまったのではないかと先生は仰っていた。先生にいろいろ説明をしてもらって、私自身少し安心した。ナフル、病院では震えっぱなし。先生に笑われる。「あの、すみません、怖いとまたもらしちゃうかもしれないんですけど・・・」と言ったら、「気が小さくて可愛いですね」と思いっきりお世辞で返された。

私はお尻に注射され小さくなっているナフルを見て、ちょっと泣きそうになった。失禁して、オレは行きたくないんだと私にアピールしたナフル。しかし彼は日頃しょっちゅう脱走を企てているのだから、外に行きたくないわけではなくてただ単に病院に連れていかねばと焦っている私が怖かったのだ。何て臆病でずるい猫なんだろうか、キミは。そして何て気が強い猫なんだ。似ているなあ、私に。いつしか似てしまったのだろうか。泣ける。

この写真は病院に行った次の日に撮影。随分よくなりました。今は目薬を差して、自宅療養中。完全復活まであと5日ぐらい。病院にはもう一度連れていかねばならないのだが、それでまた失禁したら、私はますますナフルが可愛く思えるだろう。私は失禁まではしないけどね、ナフルの気持ちがわからないでもないのだ。

左目がおかしい

ナフルも可愛かった

  • 2007/08/02

昔のナフル

友達が子猫を拾ったらしい。それがナフルにそっくりなのである。

ナフルはやはり、世界中にいるのだ。

その友達が家に遊びに来てくれたのだけど、もうすっかり親の顔になっていた。子猫を扶養するのだとその口調には責任感さえ漂っていて、すごいね、子猫って。かわいいんだよ、人間を一日で変えてしまうぐらい。

いのちを積み重ねる

  • 2007/07/31

猫1

猫2

ナフル

ナフルはまどろんでいる。悩ましげです。

生命エネルギーが低下している。目が腫れたり、皮膚が痛かったり。暑いからかな。雨が勢いよく降ると少し元気になります。毎日働いたり休んだり、自由な時間を過ごす中で、少しずつではあるけれど時間は確実に流れるという当たり前のことを実感しています。流れるのは当たり前だと、そうれはもちろんそうなんだけど。流れているから私は確実に歳をとっているのだし。それにしても、もう過去には決して戻りたくない。若くもなりたくない。何故そんなことを思ったのかというと、最近20歳ぐらいの時の自分が写っているテレビ番組のビデオを見てしまったからで、いろんな意味で「あれは一体何だ、お前は一体どうしたかったのだ?」と過去の自分自身に問いかけてみたのだが、というか思い出してみたのだが、返事はもちろんないのだ。本当のところ、たぶんあの頃の自分と今の自分はほんの少ししか変わらないのだろうな。理由なく私が写っていた。たいした理由もなくただもっさり立っていた。今ももっさりしていると思う、私は。それでも昔よりは今の自分の方がいい。

さあ、あのビデオ。面白過ぎたな。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×