Stay Connected

Posts Tagged ヨガ

7/22 内股とヨガ

  • 2017/07/22

時間があるときにヨガに通ってもう2年になる。
ポーズに関しては全然うまくならないが、別にいいやと思って、スキル現状維持状態でほそぼぞと続けている。
ヨガをやっていると、撮影や舞台の時にも体の動きが軽くなる気がしているし、
何より健康によい気がする。
気がするばかりでアレですが。
ヨガは、ひとまずやらないよりはやったほうが1000倍いいというのが私の考えです。

自分にとってヨガの何がいいのだろう。
私は日頃何かと自分を追い込みがちな性格である。
喉が痛めば「ばかやろう!油断しやがって」と自分を責め、
夕飯の献立さえも「もっとつきつめよ!」とバカバカしいほどに己に戦いを強いる自分だが、
ヨガに限っては全く自分を追い込んでいない。
追い込んでも意味がないだからだ。
ちなみに「あるがままに自分を受け入れる」とかそんな素敵なヨガの思想を取り入れているわけでもない(と思う)。

もし私にもっと柔軟な体が備わっていたら追い込んでいたかもしれないが、
股関節は怪我をしたまま開かないわ、内股だわで下半身がはっきりと歪んでいる。
それはなかなか治らない。
今までいろいろやってきたがどうにも矯正できない。
もちろんこれからも開く努力もするし動かす能力を身につけたいと思っている。
そのほうが個人としても俳優としても生きやすいだろうと思う。
しかし、世の中にはどうにもならないことがある。
わたしの内股だ。
でももしかしたら治るのかもしれないなあ。
信じて頑張れば。
でも追い込んだら、ある日突然やめてしまいそうで怖いんだ。
0か100か。
そういうのはもうよくないですよね。
20か65か。
今のところはそのぐらいの感じで、ヨガは細々と続けていきたいと思います。

1/29 ヨガについて

  • 2017/01/29

毎日忙しくてなかなか落ち着かない。そんな中ヨガに対しての興味が尽きない。
飽きてしまうのではないだろうか、このペース。
それが心配だ。

ポーズのことをサンスクリット語で「アーサナー」というのですが、
ヨガの先生がポーズをしながら、サンスクリット語でアーサナー名を教えてくれます。
日本語でも言ってくれます。
例えば「椅子のポーズ」とか、「下向き犬のポーズ」とか。
しかしサンスクリット語はポーズをしながらその言葉を聞いているのでなかなか聞き取れない。
こちとらポーズに必死なもんで・・・
言葉の響きは耳には残るものの、正しいのか怪しい。
調べてみるとやっぱりちょっと聞きちがえている。
いつまでたっても正確な名前が覚えられなそうだな。

スポーツジムのヨガクラスに出ているのだけど、
興味本位でヨガの次の時間のプログラムである「ズンバ」に出てみた。
ちょっと厳しい。
難易度が高い、ありとあらゆる面で。
ヨガでいきます。

1/15 ヨガ

  • 2017/01/15

昨日今日と寒波が来ています。寒い。

この1年弱スポーツジムのヨガに通っています。
会費がもったいないので、行ける日にはなるべく行くようにしてます。

ヨガ教室の待ち時間にジムのロビーで読んだ雑誌の占いページにはこうあった。

「山羊座、大きな病気をするかも」

山羊座、がんばれ。

ヨガは楽しいです。

健康を我に

  • 2012/10/28

やっぱりなあ。

やっちまったなあ。

というのは、体調がおかしくなった。

そりゃそうだ。

睡眠不足にメガシャキ、栄養ドリンク、ストレス、ドリエル…

やりすぎた。

こういう頑張りをよくする。

そしてそれは確実に身体をおかしくする。

でも私は間違った頑張りを認めてしまう。

そういう性質なのだろう。

もうそうとしか言いようがない。

で、金曜日は相当やばくて、身体がどんより重く、何より胃が動かない。風邪も引いたみたいだった。

それに気がつき、食事を何となくやめてみる。

それがよかったのか、今日はずいぶん持ち直した。

仕事も行った。

よかったよかった。

ほっと一安心だ。

 

自分の身体って難しいなあとずっと思って来た。

身体の声を聞いてみて、とか簡単に言うけどさ、わかんないじゃんそんなの。

毎日違うしさ。

それは漫然と、だめな感じで生きてきた自分の言い訳である。

でも、最近は何だかとてもわかりやすい。

単純になった。

年をとって、若さという鎧を脱いだからか、身体の声がだんだんわかりやすくなっている。

それは驚きの変化だ。

そして、ナウ、やたらと「健康第一」「健康を我に」「健康にしてくれ」と身体が言っている。

単純に加齢や過労で「身体がしんどい」ことがとにかく「面倒くさい」のだと察する。

そんなわけで、さあ、と勢いづいた。

まずは食事だ、はたまたヨガが。

西は太極拳か東は薬膳。

マクロビかステーキかさあどっち。

思想がないので、一体何から手をつけたらよいのか…

とはいえ、ちょっと面白くなって来た。

わくわくしているよ(不調なのに)。

 

 

 

 

 

稽古は続きます/ケーキ

  • 2012/05/03

今日も稽古でした。今は毎日稽古場に通っています。定期を買えばよかったなあと今更気がつきました。

稽古前ははえぎわの劇団員の皆さんとストレッチをしたりヨガをしたり楽しく時間を過ごしています。身体が疲れたり痛めたりするとすぐにいろんなことに集中できなくなるので、こうやってメンテナンスする時間があるのはとてもありがたいなあと思う。年齢を重ねて身体に慎重になってきたおかげで、あまり風邪も引かなくなった気がする(当社比)。でもやっぱり、肉体は衰えているよ。順調に。感じます。わかりやすく、老けてきました。

稽古は少しづつ前に進みます。まだまだ!まだまだ!という感じで、皆で。

今日は帰宅後、ちょっとしたケーキを焼きました。ずっと焼きたかったので。

ケーキを焼くときって、あれ、なんでしょうね。混ぜるのが楽しいんですかね。とてもわくわくしながら粉を混ぜるんですけど、焼き始めたら急にテンション下がる。焼いたやつはとりあえず置いておいて、また何か混ぜたくなる。混ぜたくて混ぜたくて。私の作るケーキは基本的にノンバターです。バターは大好きだけど、バターたっぷりのお菓子は外で食べられるから、家で作るものぐらいはもう少しローカロリーのものがいいかなと思って。でも今日も感じたんですが、私はただ単純に臆病なんだなあ。私の作る料理はいつもそう。がっちり味が決まらない、ぼんやりしています。料理本を見ながら作っても然り。それはなぜかと言うと、「怖い」から分量通りに作れない、作らない。分量通りに作ることで味が決まるのに、そんなに入れたら甘くなり過ぎちゃんうじゃないかとか想像して逃げたくなり、勝手に調味料を減らしてしまい、結果やっぱりぼんやりした味に仕上がる。今日のケーキもそう。バターも入れなければ、砂糖も表示よりかなり減らした。何つうか、素朴だよな。でも、これって私の人生そのものだなと思うと、何だかそのぼやけた味も悪くない気がして。うわべはいろいろありますが、私の本質は、そんな感じなのだと思いました。

それじゃいかんだろう。

健康へ

  • 2011/11/12

この1年ほど激やせしていたが、少し体重を戻してでも、健康になりたいと思う。って建前で本当は痩せたまま健康になりたい。でもそれは結構難しいかもしれない。だから食べて動いていかねばいけないのだな、スーパーモデルみたいに(死語)。

私はこんな風にとてもひねくれている。素直に健康になりたいと言えばいいのに、素直に健康になっている人を見ると何だか引け目を感じてしまう。ちょっと違うなあと思ってしまう。おまえが違うんじゃ!と言われてもいたしかたない。

それにしてももう中年の域に滑り込んだのだから否が応でも健康に生きて行かねばならない。野菜を食べよう、ヨガをしよう、気功やるぜなどいろいろあるけれど、私の身体の中心にある思想は「適当」だ。適当にやっていきたい。しかし気質はそうでもない。きつきつのがっつり系。調べて調べて読み込んで、最終的に面倒になって適当精神が生まれる。何だそりゃといわれても仕方のない生き方なのだ。

そんな私が健康オタクになどなれるはずもない。ただ今は休息の時期、少し太ってもいいからのんびりしよう。適当に考えよう。本当はゼッタイに太りたくないくせになあ、強がってるんだ。

呼吸

  • 2007/10/19

from ktai

最近呼吸法に凝っている。ヨガを勉強している最中に知ったんだけど、いろいろ順番が面倒臭くて面白い。鼻の穴を片一方押さえて吸うとかさ。一回呼吸するにも大変なのだがそのおかげか、やたら汗をかくようになった。新陳代謝してくれているのかと思うと嬉しい。昔から呼吸は苦手分野だった。特にこの季節はすぐ喘息になる。呼吸が苦手って切ない話ですねえ。秋ですねえ。しみじみ。ナフルは相変わらず飄々としています。

いいわけ

  • 2007/10/03

すきなものはたくさんある。嫌いなものもたくさんある。嫌いなものの中でもかなり嫌悪しているのが言い訳である。難しいのだけど、言い訳にも様々な種類があって、その中に好きな言い訳と嫌いな言い訳がある。

しかしどれも嫌悪しなくてはいけないのかな、好きな言い訳嫌いな言い訳なんて分けていること自体が歪んでいるのかなと思う。

歪んでいてもいいんだけど。

変な夢を見た。足立(智充)が逆立ちしたりバック転したりしてくれる夢だ。楽しかったなあ。しかも何故か、私のためだけにやってくれたようだ。足立流の励ましか。じゃあ、今度実際にやってもらおう、面白かったから。明日も撮影。肌の調子がよくなってきた。毎日濃い化粧をしているはずなのに、何故。

あ、そうだ。昨日はあまりに腰が痛かったから撮影の後にマッサージにいったんだった。中国人の「がっちがちですね」と言われ、ラミレス(ヤクルト)を思い出しながら1時間の激痛に耐えた。そのおかげでだいぶスッキリしたのだが、もういよいよ自分の体についてしっかり管理しなければならないと腹をくくった。だって、本当に痛いんだもの、腰。

ダイエットに関しての知識は豊富である。この10余年、常にダイエットと向き合って来たからだ。高価なダイエット方法以外は結構チャレンジ(&リタイア)してきた。そして今、ダイエット界の流行は「ビリー」と「ヨガ」と「骨盤矯正」と「腰回しダイエット」、そして「めん棒ダイエット」。私が何軒かの本屋をハシゴしてリサーチした結果である。

私は早速めん棒(めん棒って、あのクッキーを作る時に生地を伸ばす棒ね)を購入し、夜な夜な自分の足を「ほそくなーれ、ほそくなーれ」と唱えながら、伸ばしている。これ、痛いけど、足のツボをしっかり刺激できたりむくんだ足には結構効くのです。リンパが流れている感じがします。

それというのも最近仕事でスタイリストさんに「あなた、パッツンパッツンね」と言われたからだ。それは、スタイリストさんが正解。私は「パッツンパッツン」。もう言い訳できないのだった。「足が太いのは昔からで、子供の頃からで、あ、うちの家系は皆下半身が逞しくて、ああ、けっこういろいろな体操も試してるんですけど、なかなか細くならなくて、あああ、そうそう、むくみやすいんですよ私・・・」、これがいわゆる一つ言い訳ね。

あわせてヨガ、骨盤矯正。時間がかかるだろうな、今回は。山がでかければでかいほど燃えるのだ。今までは山がでかすぎでチャレンジする気も起きなかったが・・・、スタイリストさん、私に勇気をくれてありがとう。そう、パッツンパッツンと言ってくれて、ありがとう。

ナフル
ナフル2

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Posts

ABAB



牛尾さんの絵


ユザワヤ



Recent Comments

×