Posts at Random

表情


撮影スタート


失踪者




Stay Connected

Posts Tagged 前向き!タイモン

ミクニヤナイハラプロジェクト「桜の園」/不定期連載「食べたくて」

  • 2014/09/15

the-cherry-orchard_main

ミクニヤナイハラプロジェクト「桜の園」

作・演出:矢内原美邦

2014年11月13日(木)〜11月17日(月)
フェスティバル/トーキョー14
@にしすがも創造舎

前売チケット開始/2014.9.28(sun)10:00 〜
先行割引/2014.9.20(sat)10:00 ~ 9.27(sat)19:00・・・ 一般前売りチケットが30%Offになる特別な一週間!

↑ F/Tこちらのサイトからご購入頂けます。

出演:笠木泉、鈴木将一朗、光瀬指絵、山本圭祐、川田希、川上友里、菊沢将憲、佐々木至

映像:佐藤信介/美術:曽我部昌史/衣装:スズキタカユキ
照明:伊藤馨/舞台監督:鈴木康郎

ーーーーーーーーーーー
出演します。

はえぎわの公演が終わってすぐに稽古が始まりました。
この2週間は毎日のように稽古。
ひーとかほーとか言いながら、
ひょえーとかがーとか腰いてーとか腹減ったーとか言いながら、の毎日です。

矢内原さんに会って、もう10年。
矢内原さんが演劇を始めて10年。

私は「5人姉妹」、「前向き!タイモン」、そして今年、「桜の園」と三回目の参加になります。
いい舞台になるように、頑張ります。
皆様どうぞどうぞ観に来て下さい。

そして9/20から8日間の先行予約でチケットを購入されますと、
前売り料金が2450円になるという奇跡!!

これは絶対にお得ですよ。
是非皆様この先行予約をご利用下さい。

ーーーーーーー
不定期連載「食べたくて」vol.1 おにぎり、ソイジョイ

この稽古が始まってからというもの、お腹がすいて止まらない。

とにかく、おにぎりをたくさん食べている印象です。
移動中はだいたい「何か食べたい、いやおにぎりしか食べたくない」と思っています。

皆さんはコンビニのおにぎりの具材は何が好きですか?
私は鮭以外は食べません。
鮭がなかった場合は、梅。
他はほとんど食べない。

鮭90%、梅5%、ソイジョイ5%です。

ソイジョイはもともともっちゃりしている食感がそんなに好きではなかったのですが、
この稽古に入って、急に好きになりました。

今のところチョコレートアーモンドかピーナッツしか食べたことがありません。
疲労回復にはピーナッツがいいと聞きまして、さっそく食べている訳です。

前向き!タイモン、全ステージ終了

  • 2013/09/10

timon01

 

「前向き!タイモン」全ステージが終了致しました。

見に来て下さった皆様、
そして各劇場でお世話になった皆様、
支えて下さった皆様、
本当にありがとうございました。
心から感謝しています。

伊丹、仙台、いわき、東京、名古屋。
たくさんの方と出会い、別れ、そして今日まで。
とても幸せでした。

これを幸せと呼ばずに何と呼びましょうかというぐらい。

 

★★

ミクニさん、高橋さん、奥野くん、その他スタッフの皆様。
たくさんの言葉とケアをありがとうございました。
勇気を持って舞台にあがることができました。

考え、それ以上に動き、言葉を放つ。
身体が意思を持ち、そこから遠くに放つ。
意思と熱量は表現に転化する。
それがミクニさんの舞台のような気がします。

稽古中本番中、できるかぎり、「遠くにいければいい」と思っていました。
でもある時、どのセリフも自分の身体に近づいて来た瞬間があって、
自分が近づいたのか、一体化したのかよくわからなかったけれど、
その瞬間に出会えた時とてもわくわくしました。
一瞬なんだけど、本当に一瞬。

そして、共演者であるタイモンと農民に心からの感謝を。
いつも3人で行動していました。
どこに行くにも一緒。
今日からはバラバラです。
寂しいですが、そういうものだものね。

本当に本当にありがとう。
またゼロからスタートです。

さようなら。
もう、このメンバーで舞台をやることはないかもしれない。
でも、いつかまた。きっと。

筋肉がつきました。

大切にしよう、財産だもの。

「前向き!タイモン」中日

  • 2013/08/28

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

イメージ

「前向き!タイモン」

東京公演、中日を迎えました。

やはり余裕が全くなく、写真を撮ることがままなりません。

あ、農民山本くん、少し痩せましたね。

ひとまず。

無事無事無事。

よく食べてよく風呂に入っております。

まだまだ先は長いですが、はりきってまいりたいと思います。

見に来て下さった皆様、本当にありがとうございます!

そしてこれから見に来る皆様、心よりお待ちしております!

 

「前向き!タイモン」仙台いわき公演終了

  • 2013/08/20

image-2

image-1

写真

image-3

image

余裕がなくて写真を撮る暇がなかったのです。

仙台、いわきと公演が無事に終了致しました。

仙台のBOXESのみなさま、

いわきのUDOKのみなさま、

お世話になった皆様、

見に来て下さったたくさんの皆様、

本当に感謝しています。

心から、ありがとうございます。

たくさんの方に声をかけていただきました。

幸せでした。

生まれた街で演劇ができるなんて思ってみませんでした。

夢がひとつ叶いました。

仙台も、いわきも、ああ、いい場所だった。

そして、過ごしやすかったなあ。

さて、

間をあけず、すぐに東京公演が始まります。

前向き!に頑張って行こうと思います。

舞台上で、心の中で、手を取り合って。

寄り添うように。

何かに、自分に、他人に、思いに。

よーし。

今年の夏もそろそろ終わりが見えて来た。

いくぞーい。

 

 

 

「前向き!タイモン」伊丹公演終了

  • 2013/07/23

image(14)

image(12)

 

image(16)

 

image(15)

image(13)

IMG_8970

image(10)

写真(15)

image(18)

image(20)

 

「前向き!タイモン」伊丹公演3ステージが無事に終了しました。

見に来て下さった皆様、本当にありがとうございました!

感謝の気持ちでいっぱいです。

いろいろあったけど、とても楽しかった。

お客様もたくさん来て下さってよかった。

大阪のミクニさんの家に滞在できてよかった。

失敗もしましたが、それによって気がついたことも、これからの課題も出来た公演でした。

いいことづくしです。

前向き!ですから。

※※

詳しくはまた後日、次は仙台です!

私の住んでいた、仙台。

そしていわき!小名浜!!

 

 

 

前向き!通信

  • 2013/06/29

 

0629

「前向き!タイモン」稽古@急な坂スタジオ

 

ミクニさんと一緒に稽古するのは2日目。

で、通し稽古。

ぎゃー。

不安しかなかったが、なんとか頑張った。

頑張っただけだけど。

でも少しほっとした。

最後までやりきれたことに。

 

※※

何度読み返して何度セリフを言ってみても気がつかないことがある。

そして、ふと日常で「あ」と声を出して気がつく。

この瞬間は繰り返される。

もっともっと繰り返され、反芻しなければならない。

何度読んでも消えて行く瞬間をつかみにいかねばいけない。

 

 

「前向き!タイモン」の日々に突入

  • 2013/06/26

timon01

 

そして今はミクニヤナイハラプロジェクト「前向き!タイモン」の日々です。

2年前の再演です。

この写真も2年前。

自分で見ると、「あ、確かに少し若いな」と確認できる。

そんな写真です。

 

今年はもうこれで終わりなので、現在7月ですがもう既に12月の気持ちです。

師走らしく全力で頑張って行こうと思います。

って、「全力」って言葉を書くと、「ああ、私嘘ついているな」って思わなくもない。

それ嘘じゃんって。

でも休息も全力で。

それなら嘘じゃない。

時間が空いたら、必死で休む。

必死、そうですね、全力というより、私には必死という言葉の方がしっくりきます。

自分の性格が、そういう感じです。

必死っぽく焦ってばかり、とでも言いましょうか。

よくないですね。

 

まあでも、歳も重ねたことだし諸々怖いのです。

でももう不安だ不安だ言わないことにしました。

待ったなしですものね。

あまり不安を口にするのはみっともない。

しっかりやっていこう。

オー。

オー。

とにかく怪我だけ、怪我だけはしないように。

肉離れとか、骨折とか。

あと、声が持ちますように。

お願いします。

神様仏様、そして自分。

祈りながら、毎日を過ごして行きたいと思います。

オー。

まず7月に伊丹アイホールに伺います。

私は伊丹自体も初めて。

楽しみだなあ。

今回は仙台、いわきにも行きます。

自分の生まれた場所にほど近いところ。

この幸福に感謝します。

たくさんの方に見ていただけますように。

9月の大千秋楽のその日まで、倒れないように自分。

どうぞよろしくお願いします。

オーオー!

 

 

 

 

岸田戯曲賞おめでとう!

  • 2012/03/07

岸田戯曲賞を受賞しました。私ではなく、ノゾエ征爾くんと矢内原美邦さんと藤田貴大さんが。

NHKニュースにもなりました。

昨年出演した2舞台がどちらも受賞。こんなことってあるんでしょうか。あった。という感じです。「◯◯トアル風景」「前向き!タイモン」はわたしにとって、とても大切な舞台。心から嬉しいです。

発表の日、というかノミネートされてからずっと、緊張してきました。正直どっちにも受賞して欲しかったけど、でもそんな幸福はなかなか訪れないだろうって思っていたからです。3月に入ってからは「5日」に全ての照準を合わせている自分がいて、考え過ぎて自分の中で勝手に逆ぎれしたりして、正直疲れましたが、当日、5日に味わった気持ちはなかなかのものでした。時計を見るたび胸がどきっとするんですよ。恋に似たあの、アレです。そうか、これは恋情なのかと思うと多少笑けて来ました。心の中がカオスっていうか、沼みたいになってるのに、恋って何だよって話なんですが。いてもたってもいられずスーパーに行き、食料品を無駄に買いました。でもあの食料品が並んでいる棚を見ていると落ち着くのは何でなんでしょう。何か、悩んでいることがどうでもよくなってくる。今日の献立の方がよっぽど重要じゃあボケと毒つきたくなる落ち着きスポット、いなげや。

そして三人同時受賞をいう報を受け、何というか、あえて本気で書きますけど、自分みたいな心の狭いしょぼいボンクラ人間がここまで演劇続けてこれて感謝だなあ、本当に、私はこれでよかったのではないかと、そんな風に思いました。私が受賞した訳じゃないですけど、こんなに嬉しいことってないなあって、ありがたいなあって何か見えないものに向かってお礼したい気持ちでした。見えないもの、というより、見えない誰か、といいますか。

「〇〇トアル風景」、「前向き!タイモン」、早くたくさんの方に読んでいただきたい。声に出してもらいたい。その面白さを体感して欲しい。その前に、どちらも再演して欲しいなあ。

マームとジプシーのファンでもあるので、この三人受賞は私にとっては最高。藤田君、ノゾエくん、ミクニさん、本当におめでとうございます。

バナナ

  • 2011/10/05

舞台が終わって一週間強。実はまだ右臀部から太ももにかけて鈍い痛みがあります。これは筋肉痛じゃないね、たぶん。なんだろう。確かに京都公演は足が辛くて、本番に入ってからはカーテンコールが終わると苦しくて叫びそうになっていたっけ。

横浜は急に寒くなり、私も体調を崩し気味です。というより、ずっと蓄積されてきた疲れや体のゴミのようなものが今ふつふつと燃え出し、私を地味に苦しめている感じです。だるいんですね、ずっと。アレルギーのような、アトピーのようなものも出て来ました。これは何も舞台をやってからというだけではなく、昨年からずっとずっと溜まっているもののように感じます。

昨年からずっと長いこと、小さな休みこそあれ、ほとんど突っ走って来ました。「前向き!タイモン」が終わり、今ようやく一区切りがついたのだと思ったり思わなかったり。

3月11日からずっと心休まることなく頑張っておられる方もたくさんいらっしゃいます。その方たちに感謝をしつつ、私がこれから出来ることは何だろうかと時間をかけながらでも考えて行こうと思います。

たくさんの言葉が私を揺さぶり続けたこの7ヶ月。まだまだ先は長いです。一生、その先も続く長い長い福島の未来について。ひとまず今年はこれからいわきのボランティアに行ってハワイアンセンターに行こうと思います。その前に遊園地再生事業団の公演のお手伝いに行きたいと思います。是非皆様見に来て下さい。よろしくお願い致します。

※※
ところで今日久しぶりにベーグルを焼きました(冷凍バナナを食べてしまいたかったので)。全然いい感じにはできなかったけど(寒かったのかあまり発酵しなかった気がする)、感慨深かった。何故なら2月3月はどうしてか「お菓子づくり/パン作り」に凝っていて、ベーグルを焼いたりしていたのです。最後に焼いたのが3月10日。写真が残っています。あの日以来、パンを作ろうなんて気に全くならなかった。そして今日朝起きて突然焼いてみて、「ああ」と思いました。周りが妙に固いバナナベーグルを食べながら、生きることについて考えて、また明日も私のやるべきことをやろうと思った。強く思わなければいけない。

さよなら!タイモン

  • 2011/09/27

「前向き!タイモン」京都公演が終了し、これで全日程終了しました。見に来て下さった皆様本当に本当にありがとうございました!

楽日は昨日の昼公演。実はこの回は本当に辛かった。身体がちぎれるかと思いました。でも苦しみの中に光が見えて、その光を掴もう掴もうとしているのは私だけではなく、3人が同じ気持ちだったと思います。幸せだったな。今回、舞台上で常に3人が「1つ」だった。1人ではなく、1つという感覚。3人は全く別のタイプの役者なんだけど。でも1つだった。これは思い過ごしではないと思います。たぶん他の2人もそう思っていると思う。2人に「いやあ、そんなこともないですけどね」と言われたらまあこっぱずかしい話ですが。その気持ちが私を強く支えてくれました。それは今まで味わったことのない強い感覚で、これはもしやあの「信頼」というやつなのだろうかとふと思ったりもします。

夜はミクニさんとキャストスタッフで京料理を食べました。今日は朝、将一朗くんと山本くんと3人でコーヒーを飲み、四条河原町の交差点近くで握手して別れました。よくもまあ飽きずに3人で行動したなあ。東京の稽古の時から3人でごはん食べて、飲みに行って、お茶して、真面目な話もどうでもいい話もあーでもないこーでもない話して。京都では「Hanako京都特集」を片手に激旨親子丼食べに行ったり、楽屋もたくさんあるのに3人で1つの楽屋に引きこもって。なんなんだあの3人/仲良しOL三人組か/気持ち悪いだろ/と言われても仕方ないぐらい一緒にいました。7月からずっと稽古していたからね、もう何か一緒にいるのが当たり前みたいになってた。だから、また東京で会えるのに、もうこの三人で芝居ができないのかと思うと、まあ、ぶっちゃけ、アレですよ。でも、我々は前向きですから、前向いて生きて行かなくちゃいけないんです。だからさっさと別れました。ただただありがとうと思いながら。

そして演出のミクニさんに。セリフが言えないで半狂乱でパニクった私に「大丈夫だ」と何度も言ってくれた。まあ、半狂乱になるなって話ですけどね。今回何度「大丈夫だよ」と言ってもらったかわからない。それはとても大きな言葉だった。呼吸をすることを許された。その言葉を信じて今日までやってこれたんだと思います。あと今回ミクニさんにとてもとても大切なことを教えてもらいました。それはあまりにも大切なことのような気がしているので、私の胸の中にしまっておきます。ミクニさん、本当にありがとうございました。

あとヨーロッパ企画の本多くんにすごいお世話になった。何をお世話になったかは割愛。ありがとう、本多くん!
※※

午後は大阪に住む幼なじみに会って、生麩(最高)を食べながら、芝居の事などを話しました。それから私が一週間京都という場所にいながらにして考えた福島のこと。それはこの半年間をきちんと言葉にするという作業でもありました。自分にとっては大切な気持ちを大切な友人と共有できてよかったです。先ほど京都から帰って来て、今は大いなる筋肉痛と戦っています。いやーそれにして生麩最高。京都素晴らしいところでした。また舞台が出来たらいいな。

「前向き!タイモン」という舞台については、また書こうと思います。私が愛したタイモンの物語について。

1 / 212

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Categories

Recent Comments

×