Posts at Random

ありがとう


水戸2



畑/富士



Stay Connected

お知らせ

5月になっていた/テアトロコント・明日のアーに出演します

  • 2019/05/11

5月になっていたという驚き。

いろいろ書き残したい日々があっという間に過ぎていく。

だめだ!書き残そう自分のために。

映画は何をみたか、本は何を読んだか、ちょっとでも書いておかないと(忘れてしまう)。

 

というわけで「運び屋」は映画館で見た。

 

小説も図書館に通って少しずつ読んでいるけど、

最近面白かったのは「十年後のこと」というアンソロジー。

総勢35人老若男女の作家著名人が「十年後」というテーマで掌篇小説を書いている。

個性の丸出し!

どの作品もすごく面白かった。

演劇人だからというわけではないけど(あるのかもしれないけれども)、

岡田利規さんと戌井昭人さんの小説はめっぽう面白かったなー。

アンソロジーはたくさんの作家を一気に味わうことができていいですね。

この先長編を読んでみたい作家を探しているということもあります。

放っておくと誰を読んでいいのかわからなくなってしまい、

結果的に実績の松本清張をチョイスしてしまう自分がいるので…

 

その他、大江健三郎×古井由吉対談「文学の淵を渡る」を読みました。

その中に出てくる牧野信一という作家。

私は不勉強で全く知りませんでした。

二人がべた褒めしている「西瓜喰う人」という小説をぜひ読んでみたいと思っています。

 

他、植本一子さんの「家族最後の日」、町家良平さん「青が破れる」など。

 

 

 

 

 

ナフル、先日14歳になりました!

やっぱり少し歳をとったかなあ。

でも、まあ、老猫なりに元気。

このまま病気せずのんびり生活して欲しいです。

 

 

5月24日25日にテアトロコントに出演します

私が参加するのは「明日のアー」。

作・演出は大北栄人さん。

共演するのは高木珠里さんと中島愛子さんです。

コントに出演するのはシティボーイズ以来です。

久しぶりだなあ。

 

さて、台本をいただき稽古が始まりました。

あれやこれやと考えながら、でもとても楽しいです。

 

今回高木さんと共演できると知りまずは超絶ワクワクしていましたが、

稽古が始まってからこのワクワクは実体を持った本物であったな!と感じています。

20代前半に出会った時から、ずっと面白い高木さん。

今回ももちろん面白い。

だから、

舞台上で同じ空気を吸ってお芝居できるのが嬉しいなあと稽古帰りにひとり思う私。

ありがとう、明日のアーさん。

ただね…

一緒に舞台にいると「ジュリを思いっきり堪能する欲」が満たされないことも判明!

ジュリ欲を満たすには客じゃなくちゃいけないのか…悩ましい…

 

今回初めてお会いした中島愛子さんもこれまたものすごく面白い!

「アイコを正面からずっと見ていたい欲」も発令中。

私、出演しないで演出席の横に座っていようかな。

 

でも、実はもう一つ欲がありまして。

それは「演出の大北さんのダメ出しが面白くてずっと見ていたい欲」。

これは私が稽古場の舞台に立って演出席と向かい合っていないと正面から見ることができないわけです。

役者の特権とでもいいましょうか、これは。

 

そんなわけで私も出演します。

そんなわけだからじゃないけど。

私も楽しんでどんどん面白くしていきたいと思います。

 

お時間ある方、ぜひお越しください。

お待ちしております。

チケット予約はこちらからできますー。

備考欄に笠木さんと書いていただければよいようです。

たくさんのご来場お待ちしております。

 

 

 

『テアトロコント vol.36』
5月24日(金)19:30 25日(土)14:00 開演

 

会場:ユーロライブ

(渋谷の映画館、ユーロスペースの2階です)

出演:明日のアー、ワワフラミンゴ(両日)、GAG、ゾフィー(24日)パーパー、ザ・マミィ(25日)

明日のアー
作・演出: 大北栄人
出演: 高木珠里、笠木泉、中島愛子

 

戯曲「家の鍵」が「せんだい戯曲賞2018最終候補作」に掲載されました

  • 2019/03/25

「家の鍵」、一昨年に書いた戯曲です。

せんだい戯曲賞の最終候補に残していただき、そしてこのように戯曲集にのせてもらいました。

うれしいです。

ありがとうございます。

 

購入に関しましては、

 

価格は2,000円(税別)です。ご購入方法はこのページにある購入フォームにてお申込いただくか、日立システムズホール仙台1F事務室(TEL:022-276-2110)、仙台文学館(TEL:022-271-3020)、せんだい演劇工房10-BOX(TEL:022-782-7510)で直接ご購入いただけます。

 

とのことです。

 

ぜひ読んでみてください。

他の作品、面白い。

そして、戯曲を読むの、面白い。

もっといろんな人に気軽に読んでもらいたいなあ、戯曲。

ニブロール「悲劇のヒロイン」に出演します

  • 2019/01/31

 

今日で1月が終わります。

何ということでしょう。

 

インフルエンザ大流行中です。

怖いですね。

先月予防接種したのだけど、注射後まんまと具合悪くなりました。ザ・病弱。

 

 

 

 

というわけで、2月7日から、矢内原美邦さんの主宰するダンスカンパニー、ニブロールに出演します。

とはいえダンサーとしてではもちろんなく、俳優として参加しておりますよ。

 

 

ハードな日々だけど、私なりに毎日何とか一歩ずつ前に進んでいます(という希望願望)。

共演者は川田希ちゃん、光瀬指絵ちゃん、皆戸麻衣ちゃん、望月めいりちゃんです。

とても素敵なメンバー!

私のようなドンくさい人間にも皆優しくて涙が出る思いです。

 

 

映像の高橋啓祐さん、音楽のスカンクさん。

稽古場で見るもの聴くもの全てに置いてクオリティが高くてかっこよくて、もう驚きの連続です。

 

そして我らが、矢内原美邦さん!

超絶面白い、ものすごいパワーと深き表現の湖を身体の中に持っている人。

何とかついていく。

ついていってないけど、必死にやる。

動く、それが私たちの表現だと信じ、日々悩みながらも進む。

突き進みたい。

そんな意思で進んでいます。

とにかく先を目指す。

いい舞台になるように祈りながら、たたみこむアミノ酸。

ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。

 

もしチケットのご用命がありましたらaplacetodie@hotmail.comまでご連絡下さい。

チケットをお取り置きさせていただきます。

 

お時間ありましたら是非いらして下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

芸劇danceNibroll新作公演

『悲劇のヒロイン』

201927日(木)~210日(日) @東京芸術劇場 シアターウエスト

リアルの悲劇、フェイクの悲劇、フィクションの悲劇 ———

“今”の私たちにとって、本当の「悲劇」とは何か?

踊ることやダンスの概念を根底から考え直す中で、演劇、パフォーマンス、美術、映像、音楽など既存のジャンルを軽やかに飛び越え、新しいダンスのかたちを提示し続けるニブロール。

新作『悲劇のヒロイン』は、悲劇的な立場に置かれた5人の女優が、自らの不条理な状況を憂い、飾り立て、時に正当化しながら、自身の不幸を声高らかに語りあげます。現実社会で起こるリアルな悲劇と、不幸な自分に酔い不幸を誇張するフェイクの悲劇、また舞台上のフィクションとしての悲劇という3つの異なる時空から「悲劇」の構造を捉えることで、自分とこの世界の関係性を見つめ直します。

今を生きる私たちにとって「悲劇」とは何か、また人々は不条理とどう対峙すべきなのでしょうか?

出演:笠木泉、川田希、光瀬指絵、皆戸麻衣、望月めいり

振付・演出:矢内原美邦

映像・美術:高橋啓祐

音楽:SKANK/スカンク

照明:岡野昌代(PICOLER

会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

日時:

2019

27日(木)  19:30

28日(金)  14:00 / 19:30

29日(土)  14:00 / 19:30

210日(日) 14:00

チケット料金(指定席・税込)

一般 前売3,500円/当日3,800

25歳以下 前売2,500円/当日2,800 *要証明書

公演詳細 http://www.nibroll.com/hig

 

 

 

「14歳の国」に出演します

  • 2018/08/27

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊園地再生事業団「14歳の国」は日々稽古しております。

宮沢さんと、スタッフのみなさん、そして初めて共演させていただく谷川清美さん、大場みなみさん、善積元さん、今年ずっと一緒にいる踊り子ありさんと共に毎日稽古場にいます。

この作品は20年前に宮沢さんが書かれた戯曲です。初演の登場人物は男性5人。私は青山円形劇場の客席でこの初演を見ました。今回戯曲を読み返し、あの観劇体験の興奮が蘇ってくるようでした。

「20年前、あの時代はどんな風だったか?」最近俳優皆でよく話します。当時の自分と社会との関わりはどんなだっただろうと。私はこんなことを考えていた、こんな服を着ていた、こんな音楽を聞いていた、こんなドラマを見ていた…などなど。

(ちなみに学生スタッフの皆さんは20歳前後。生まれたのが1998年ってことかあ!思い出、ないね!)

あの時の空気、報道、文化、思い出すこと、思い出さないこと、思い出したくもないこと、20年と今を結ぶ普遍的なもの、圧倒的に世界が変化したこと…そんなことを感じつつ、
こつこつ。

笑顔の絶えない豊かな稽古場で、とても幸せだなと感じています。

本番は9月14日から。是非たくさんの方に見ていただきたいと思っております。チケットのご予約はネット予約の他、かさぎに直接メッセージをいただければお取り置きさせていただきます。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 

「家の鍵」がせんだい短編戯曲賞の最終候補に残っている

  • 2018/07/27

お久しぶりです。ドードーからずいぶん時間が経過してしまいました。

 

実は、昨年ラストソングスさんに書いた戯曲「家の鍵」が第6回せんだい短編戯曲賞の最終候補作になりました。

 

10代から俳優を続けてきて、今、こうやって、何というか、驚きです。30歳あたりにちょっと書いたことがあって、やめてしまって、でもまた書きたいなと思って、書きたいと周囲に言ったりして、でもなかなか書けなくて、これじゃ詐欺だろと自分にハッパをかけて、40歳あたりで再び書き出しました。

 

これからもまた書いてみたら?とそっと優しく背中を押していただけたような、そんな気持ちです。

戯曲は大賞発表時までせんだい演劇工房10-BOXのHPで読めます。この戯曲を通じてまた新しい誰かと会うことができる、そのことが何より嬉しい。以下にリンクがありますのでよろしければ是非。

 

また別の話ですが、子供の頃6年間仙台に住んでいました。まだ仙台が区政になる前の話で、現在の住所では若林区になります。

 

先日仙台に行く機会があったので、住んでいた社宅に行ってみました。地下鉄長町1丁目の駅(住んでいた時は地下鉄なんてなかった!)からグーグルマップを頼りに、徒歩30分は歩いたでしょうか。記憶の中では我が家に一番近いランドマーク・仙台刑務所に行き、そこから5分ぐらいのところ。でも道に迷ってしまいまして、そこからさらに30分もかかってしまいました。路地を間違え、行き止まりに遭遇し、ようやくたどり着いた我が国鉄の社宅はボロボロで、もはや誰も住んでなどいなくて、バリケードに貼られた紙には、ちょうど1週間後に取り壊しになるとのこと。草ボーボー、積み上げられたゴミ、錆びて置き去りにされている自家用車、あまりに寂しげなその風景。その景色を目に焼きつけて帰ってきました。ある意味、満足でした。

 

仙台駅の近くのシャレオツな立ち飲み屋で、ビール飲んでたこぶつ食べながら、ああ、こういうこと、これらのことが、いつか書けないかな、って考えたんだった。

 

ベニーランドに行ったことも、エンドーチェーンで生まれて初めて芸能人を見たことも、広瀬川でのマラソン大会を仮病でサボったことも、今日話題になった仙台拘置所のことも、いつか書くかもしれません。

 

「家の鍵」、もしお時間ありましたらぜひ!

 

 

http://www.gekito.jp/?pg=1532159831

スヌーヌー「ドードー」作・演出します

  • 2018/04/18

 

スヌーヌーvol.1「ドードー」

2018年5月31日(木)~6月2日(土) SCOOL

作・演出:笠木泉
出演:踊り子あり

日時

5月31日(木)20時

6月1日(金)15時・20時

6月2日(土)14時・19時

【チケット発売日】4月29日(日)

【チケット予約メールアドレス&お問い合わせ先】
snuunuuoffice@gmail.com
※ メールにお名前、希望日時、人数、電話番号を明記してください。制作から予約完了メールをお送りさせていただきます

 

 

 

 

「スヌーヌー」の「ドードー」についてのノート
_

一人で舞台を作るにあたり、
「スヌーヌー」という新しい名前をつけました。
アラビア語で「つばめ」の意味です。
この名前に決まるまで結構悩みました。
第二候補は「マグパイ」でした。
「マグパイ」は英語で「カササギ」。
まあ、私がカサギだからです。
その他「泥棒かささぎ」「劇団ギーカサ」など、周囲から様々な意見も出ましたが、結果「スヌーヌー」に落ち着きました。
今後、この名前でふっと現れては活動すると思います。たくさんの人に出会う場所になるといいなと思っています。といいつつ、今回は一人芝居。お迎えするのは踊り子ありさんです。はえぎわという劇団に何度か出演させていただき、その時からの友人です。とても素敵な女優さんだなと常々思っていて、今回思い切ってお願いしてみました。

 

_
今回の舞台の題名は「ドードー」です。絶滅してしまった鳥なので、いろいろよくわからないのですが、よくわからないことを考える舞台にしたいと思っています。ドードーは飛べません。じゃあまあ仕方ないかとドードーと同じく飛べない我々は歩いてみます。ひとまず進んでみて、とあるドアを開ける瞬間。そこに何かあるのか、ないのか、わからないけれど、そこまでの1人芝居です。しかし同時に、この演劇は、彼女にとって幸か不幸かわかりませんが、舞台上でたった1人で立つことになった踊り子ありさんを起点に、まず私、そしてそこから、隣人、友人、家族、お客様、時代、場所、海、電車、土地などなど、そしてそこからもどんどん拡張し、転がり、流浪し、たくさんの方となんだか繋がっている感覚を持てるような、そんな演劇になったらいいなと思っています。
_
ぜひ、見に来てください!

 

このチラシの絵は友人のタムナデ姉さんが描いてくれた踊り子ありさんです。素敵なので何枚もアップしてみました。この顔を見ながら戯曲を書いています。

 

 

 

 

 

 

 

<チケット発売>「家の鍵」

  • 2017/11/12
ラストソングスの新作公演「家の鍵」戯曲を担当しました。
本日チケット予約がスタートです。
演出は鈴木謙一、出演は上村聡、鈴木将一朗です。
※私は出演しません。
 
書き終えた今も毎日戯曲のことばかり考えていて全く書き終えた気がしない。
心に棲む妖怪が「直させろ〜直させろ〜」と唸って私を支配する。
もう、完成は諦めてサクラダ・ファミリア的戯曲にしたい。
 
ゼロから書き直したらびっくりするだろうな三人とも。
 
ともあれ、ぜひ見に来てください!
ご連絡お待ちしております。

<告知>ラストソングス新作公演「家の鍵」戯曲担当します

  • 2017/10/09

お知らせです。

12月のラストソングスの新作公演に戯曲を書かせていただきます。

演出は鈴木謙一さん、出演するのは上村聡くん、鈴木将一朗くんです。

この3人で、ラストソングス。

たくさんの人に見ていただけますように!

戯曲はひとまず書き上げたんです。でも原石過ぎてやばいのでこれから超絶書き直しをせねばと思っています。

今後は稽古に出向いてセリフを直したり、考えたり、増やしたり減らしたりという作業になるでしょう。

3人の胸を借りて、思い切り書き続けたいと思います。

ぜひともよろしくお願いいたします。

 

それにしても、このチラシ!

いいでしょ?いいでしょ?

前回私が書いたラストソングス「再訪」にも出演した、遊園地再生事業団の女優でありイラストレーターとして活動している牛尾千聖さんのイラストです。

気持ちの良い、原始的な、力強さを感じる!

チラシも多くの人に手に取ってもらいたいなあ。

 

 

ラストソングス新作公演「家の鍵」

作:笠木泉
演出:鈴木謙一

出演:上村聡
鈴木将一朗

日時:12月15日(金)19:30
16日(土)14:00/19:00
17日(日)14:00
※開場は30分前

料金:予約 1800円/当日 2000円
※1drink付、全席自由

場所:風知空知(下北沢駅南口 徒歩3分)
東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F
TEL: 03-5433-2191
http://fu-chi-ku-chi.jp

16年1月『暗い町』、16年12月『再訪』につづき、風知空知三度目の登場。
笠木泉の新作戯曲をもとに、新たな作品づくりに挑みます。

<ご予約はメールにて>
yoyaku@fu-chi-ku-chi.jp (風知空知メール予約)
公演名/日時/名前/枚数/電話番号をご明記ください。
追って、予約完了の返信を差し上げます。
11月11日(土)より受付開始!!

宣伝美術:牛尾千聖
協力:エースエージェント/遊園地再生事業団/ワン・ツゥ・スリー
制作:private beach

 

7/31 ブログを新しくしてもらいました

  • 2017/07/31

もう10年来の友人で「ツイノスミカ」のブログを作ってくれたり一緒に落語について考えたりしている相馬称くんにわがままを言って、ブログを新しくしてもらいました。大きな意味はないのですが、ブログの名前も「ツイノスミカ」から「笠木泉の日記」に。以前のブログがなかなかうまく更新できなくて四苦八苦していたのもありシステムなどを新しくしていただいたのですが、41歳、ここらで心機一転いろいろ変えてみたいなと思ったということです。41歳って中途半端な年齢ですがそれはまあいいとして。20代から続けていた「ツイノスミカ」とは今日でお別れです。さようなら、私の終の住処。

デザインはシンプルなもので、というだけの発注。できあがったものは非常に機能的でシンプルで、なおかつエモいものでした。静かにエモい相馬くんらしい!とても気に入っています。相馬くん、本当にありがとう。更新する意欲が湧いてきました。

そしてこれは全く知らなかったのだけど、「笠木泉の日記」という手書きの題字は友人の女優でありイラストレーターとしても活動している牛尾千聖ちゃんが書いてくれました。相馬くんが私に内緒でこっそり牛尾さんに発注していたようです。新ブログを開いてみたら、びっくり!サプライズギフトを受け取った気持ちになりました。可愛いロゴだあ。牛尾さん、ありがとう!

TwitterやFacebookが主流のご時世ですが、ブログは20代から長く細く続けてまいりました。一番初めにインターネットで日記を書きだしたのは確か23歳とか24歳の時だったと思います。独学でHTMLを勉強してしょぼいページを手作りしました。でもとても嬉しくて毎日いそいそ何かしらを書いていた気がします。

書くことが楽しい時は一生懸命書きますが辛い時は全く更新しなかったりと気まぐれでいけないなと思いつつ、今後も自分のペースで俳優としての活動やその他の活動の情報発信、日々の記録、どうでもいいこと、好きなこと、猫のことなどを書いていこう思います。たまに覗いて下さる方がいらっしゃいましたら嬉しいです。今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

笠木泉

<戯曲執筆>ラストソングス「再訪」

  • 2016/11/09

またもや久しぶりに更新します。

今「ラストソングス」という3人組の舞台の戯曲を書いています。
なぜ、そんなことになったかなどは、ひとまず置いておいて、
今、脳も、気持ちも、役者とは全く違うところを使っている気がします。
筋肉痛のような症状は一緒。体が痛い。やっぱり凝ってるのかな。
日々書く人の大変さが1mmぐらいわかった気がしています。
1mmっておこがましいな。
本当に、やってみてわかることばかり人生は。やらないとわからないことばかりだ。

私、何度か劇作をしたことがあって。
それ、もう最後に書いたのが8年前なんです。
だから書き方とかさっぱりわからない。
忘れてしまった。何もかも。
本気で何を書いたかも覚えていない。

パソコンを前に呆然とするのに1ヶ月ぐらい費やしました。

12月3日4日、下北沢の風知空知という素敵な場所で、「再訪」という名前の公演です。
ラストソングスの上村聡、鈴木将一朗、そして牛尾千聖さんの3人芝居です。
演出は私はやりません。
鈴木謙一さんです。

皆さん、よろしかったら見に来てください。
お待ちしております!

終わったことを振り返らないのは悪い癖で、今更なのですが、
今年はミクニヤナイハラプロジェクト「桜の園」中国公演で舞台出演は終わり。
ウージェンでの公演は素晴らしいものでした。
お客さんが楽しんでくださったようで、それが何より嬉しい。
観客満足度ナンバーワンみたいなことになったらしいです。
あ、どこかの損保会社みたいだな。これ。

街を歩いていたらたくさんのお客様に話しかけられたり(中国語で話しかけられたので、全然意味はわからないが、笑っていたのでよしとしている)、熱気あふれる演劇祭に出演することができて「これは何か、人生のご褒美だろうか」と思ったくらいです。
中国でお世話になった方、キャストスタッフの皆さん、ミクニさん本当にありがとうございました。
「桜の園」は私にとって大切な作品だな、と改めて思いました。

b38846d4

チラシの絵は牛尾さん!すごいかわいい。
気に入っています。
様々なお芝居のチラシに折り込ませてもらっているようです。
ぜひお手にとってみてください。

1 / 512345

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×