Stay Connected

Home

演出のためのノート004 5/15

  • 2018/05/17

5/15

どんどん早起きになっていく自分が怖い。

というわけでまたもや早朝の書き直し。

もやもやしている。

何かが足りない。

そして何かが多い。

それが本質的なものなような気がしてならない。

怖い。

書いたような気になっているのではないか。

もっと考えなければ。

とりあえず、印刷部数が2部でよいということは嬉しい。

あっという間に印刷が終わる。

昼、別の仕事。休憩中、参考文献を読む。

自分はこの戯曲を書くにあたり、まず初めに「何を書きたかったのか」、そのことについて考える。

 

夜、稽古へ。

はえぎわに出演させていただいた時にご一緒した磯崎珠奈ちゃん(あだ名はたまちゃん)が稽古場見学にきてくれた。

たまちゃんは俳優、作家、演出、演出助手と様々な顔を持つ人です。

とても聡明で、それでいて可愛らしい人。

はえぎわでは本当にお世話になりました。

稽古場に私とありちゃん以外の人がいるのは初めて。

とても新鮮だし、嬉しい。

合間に「たまちゃん、普段こういう時ある?」なんて取材もさせていただき、とても参考になる。

しかもたまちゃん、私が舞台の寸法を測ろうとメジャーを持ったら、「すっ」と立ち上がり、まるで毎日一緒に作っているスタッフのように手伝ってくれてさ…わしゃ嬉しいさー。

てなわけで張り切って「2と呼ばれているシーン」を稽古をしていく。

何度も繰り返し、セリフを体で覚えていくってこういうことなのだろうな、と思う。

そりゃそうだよな、私もそうだもんな。

そうだ、自分が俳優として舞台に立っている気持ちを常に持っておこう。

そうすれば、自ずとありちゃんのことももっと理解できるし、見えてくるはずだ。

と、気がついたら休憩もとらず2時間以上経過。

ありパイセン、疲労。

「全然大丈夫です」と言ってくれたが、結構疲れたと思う、脳が。

反省。

丁寧に作るためにも、もう少しこまめに水分補給の時間を取らねば。

「3と呼ばれるシーン」を少しさらって、稽古を終える。

3は次回演出。

終わって、私も疲労していたらしく、知恵熱のような感じ。

うーん。

今までやったことのないことをしているわけなのだから、知恵熱もそりゃ出るわな。

たまちゃん、差し入れのワッフル、ありちゃん、絵のありちゃん。

 

 

 

 

演出のためのノート003 5/13 5/14

  • 2018/05/15

5/13

稽古なし。

こらえきれず、後半を書き直す。というか、工事する。

 

5/14

朝5時に起きて直した部分を印刷し、別の仕事にでかける。

休憩中に書き直し部分を読み、これはやっぱり違うのではないかと落ち込む。

稽古へ。

稽古場に行くまでのバスの中、少し眠る。

1と呼ばれているシーンを少し細かく作る。

演出に関してあれやこれや考えていったが、そんなのあまり役に立たないな。

準備していくのに越したことはないとは思うのですが。

でもそんなことよりも、とにかく、目の前で起こっていること、ありちゃんの体をしっかり見ること!

今日、すごくそう思った。

ありちゃんの面白さ、私がもっともっと深めて行かねば。

今日はありちゃんを見ていて、たくさんの発見があった。メモする。

 

 

書き直し部分をありちゃんに渡すはずだったが、今日はやめた。

甘えて、もう少しだけ、時間をもらう。

もっと考えねば。

言葉を信用し過ぎなのではないだろうか。

何だかわからなくなってもいい。

それでもいいのではないだろうかとも、考える。

 

演出のためのノート002 5/12

  • 2018/05/13

5/12 土曜日

今日は稽古がない。

台本を読み返し、言葉のことを考える。

もっと大きなセリフにしたいとか、もっと小さなセリフにしたいとか、自分の中でパズルがはまり切らずにもがいている感じがする。なんかもっと、こう、ないもんかね、と。

電車に乗っていて、「あ、この言葉入れたい」と思ったことは覚えているが、その言葉自体を忘れている。ダサい、不甲斐ないと反省する。

舞台につかうものについて調べ物。素人ゆえに何もわからず。

新しいことを覚えて、習得していくのはそう簡単ではない。付け焼き刃ではいけない。でも、エモーションみたいなものを大事にして、結局好きにやればいいのかな。

演出に関して、私の場合、どう動くかということより考えるべきことがあるのではないだろうか。自分に質問する。

稽古場で決めよう。

ありちゃんを見て、決めていこう。

 

腰が痛かったので、いつも通っている鍼灸院で鍼を打ってもらう。

腰へのひとさしよりも首への一撃がキた。

あと、「こんにゃく湿布」をしてもらう。

これが最高なのです!

 

来週の稽古で、どこまでできるか予定を組む。その他、小道具について考える。

とにかく今後本番へ向けててんぱらないように(てんぱるに決まっているが)、

全ての仕事に期日を決めておこう、稽古の進捗状況を把握しようと決める。

 

 

 

演出のためのノート001 5/11

  • 2018/05/12

今日からここにスヌーヌー「ドードー」演出のためのノートを残しておこうと思う。

というのも昨日である程度の完成稿を出演者である踊り子ありちゃんに渡せたからだ。

もちろんどんどん直すものの、ひとまず書けた気もする。

ここからどのような舞台にしていくのか、自分のためにも、記録を残しておきたい。

 

5/11

稽古。

稽古場に到着してから、「あ、稽古場間違えた!やべえ!」とありちゃんにメールする。

すると目の前にありちゃんがいるではないか。

間違えたと勘違いしたのだ。

二重にバカ。

結果オーライとして、稽古を始める。

今朝早く出来上がった決定稿を渡す。

先日下見をさせてもらったscoolのことを思い出しながら、舞台の状態をこんな感じだろうかと思い浮かべ、仮にものを置いてみる。

とにかく今は正解がないので、いろいろやってみるしかない。

決定稿はまず横におき、前回まで稽古した1と呼ばれるシーンをおさらい。

セリフの確認作業でもある。

何せ一人芝居だ、ありちゃんの心中を考えるととにかく何度も反復するのがいいのではないか。

私も役者をやっているのでわかる。

稽古すればするほど、心のモヤモヤが消える。

肉体的精神的にどんなに大変でも稽古の回数は決して裏切らない、

と、スポーツもできないくせにいっぱしのスポーツマン的なことを考える。

1、と呼ばれるシーンは、ありちゃんのセリフ覚えが素晴らしく、演出の課題は山積みではあるものの、先に進む。

2、と呼ばれるシーン。いろんな動きをやってもらう。まだ始まったばかりなので思いつくままに。

ありちゃんは緊張しつつも、とても伸びやかだ。

私の台本にも、その伸びやかさはあるだろうか。

と、またすぐに手直ししそうになるもぐっと我慢。

決定稿を読む。

時間をはかる。

演出プラン等、参考文献、今日偶然見た関連性の高いニュース記事についてなど話をする。

ありちゃんからも意見をもらってヒントにする。

今後、衣装、照明、音響など、全て自分で決めていくのかと思うと不安で信じられないが、

こうして、全てを自分の感覚において進めていくということは、常に自分を疑うことと等しいのだと感じている。

正解はないのだ。

いくつか考えている演出についてこの最低限の人数で、果たしてやれるのかどうなのか、

とにかく、シンプルに深化させていこう。

あと今回発見したのは「演出は予習復習が大事」ということだ。

役者も一緒だけども。

 

 

スヌーヌー「ドードー」作・演出します

  • 2018/04/18

 

スヌーヌーvol.1「ドードー」

2018年5月31日(木)~6月2日(土) SCOOL

作・演出:笠木泉
出演:踊り子あり

日時

5月31日(木)20時

6月1日(金)15時・20時

6月2日(土)14時・19時

【チケット発売日】4月29日(日)

【チケット予約メールアドレス&お問い合わせ先】
snuunuuoffice@gmail.com
※ メールにお名前、希望日時、人数、電話番号を明記してください。制作から予約完了メールをお送りさせていただきます

 

 

 

 

「スヌーヌー」の「ドードー」についてのノート
_

一人で舞台を作るにあたり、
「スヌーヌー」という新しい名前をつけました。
アラビア語で「つばめ」の意味です。
この名前に決まるまで結構悩みました。
第二候補は「マグパイ」でした。
「マグパイ」は英語で「カササギ」。
まあ、私がカサギだからです。
その他「泥棒かささぎ」「劇団ギーカサ」など、周囲から様々な意見も出ましたが、結果「スヌーヌー」に落ち着きました。
今後、この名前でふっと現れては活動すると思います。たくさんの人に出会う場所になるといいなと思っています。といいつつ、今回は一人芝居。お迎えするのは踊り子ありさんです。はえぎわという劇団に何度か出演させていただき、その時からの友人です。とても素敵な女優さんだなと常々思っていて、今回思い切ってお願いしてみました。

 

_
今回の舞台の題名は「ドードー」です。絶滅してしまった鳥なので、いろいろよくわからないのですが、よくわからないことを考える舞台にしたいと思っています。ドードーは飛べません。じゃあまあ仕方ないかとドードーと同じく飛べない我々は歩いてみます。ひとまず進んでみて、とあるドアを開ける瞬間。そこに何かあるのか、ないのか、わからないけれど、そこまでの1人芝居です。しかし同時に、この演劇は、彼女にとって幸か不幸かわかりませんが、舞台上でたった1人で立つことになった踊り子ありさんを起点に、まず私、そしてそこから、隣人、友人、家族、お客様、時代、場所、海、電車、土地などなど、そしてそこからもどんどん拡張し、転がり、流浪し、たくさんの方となんだか繋がっている感覚を持てるような、そんな演劇になったらいいなと思っています。
_
ぜひ、見に来てください!

 

このチラシの絵は友人のタムナデ姉さんが描いてくれた踊り子ありさんです。素敵なので何枚もアップしてみました。この顔を見ながら戯曲を書いています。

 

 

 

 

 

 

 

「きょうの料理本」第1回 小林カツ代のおかず大集合

  • 2018/01/24

 

「きょうの料理本」

 

第1回 「小林カツ代のおかず大集合」

私の趣味は読書です。

ここ最近は料理本を読むのが生きがいです。大げさではなく、呼吸するように読んでいたい。水のようにグビグビ飲みたい。それが私にとっての料理本。暇さえあれば、読んでいたい。

というわけでぼんやり連載スタートしますね。

「きょうの料理本」。

今日は小林カツ代さんの本、「小林カツ代のおかず大集合」です。文庫なので私は電車の中で読んでいます。

以下、親しみを込めて「カツ代」、と呼ばせてください。

もちろんテレビとかでその姿や声は知っていて、でも実は昔はあんまり好きじゃなかったんだけど、なんとなく。だからレシピ本も持っていなかったんです。で、この本は文庫だし手に取りやすく、やはりなんとなく買ったのが昨年だったでしょうか。ふと。

で、この本読んでなんてかっこいい女性なのだと考えを改めました。なんか、スケール、でかい。レシピスケールが。

料理は全体的にざっくりしてるし簡単なんだけど、美味く作るにはとにかくこれだけは守れ!と厳しい部分も。総じて70%から80%の力で料理を作れって言われているみたいで、何かほっとする。

満点必要なしという大らかなアドバイス。とにかく楽してよしという優しいアドバイス。生き方に反映させたい。ありがとうカツ代。

何より名前がいいなあ、カツ代って。かっこいいなあ。

この本、写真もないし料理本としてはかなりそっけなくて、それも気持ちいいです。

 

それにしてもこの本、イラストが妙に変。味わい深い絵なんだけど、でもレシピとイラストの組み合わせが素っ頓狂。

…何か不思議。

 

 

 

1/22 大雪

  • 2018/01/23

 

東京は大雪。4年ぶりらしい。その4年前はよく覚えている。ドラマの撮影の日だったからだ。

私の住む横浜も雪。仕事から帰る電車は超混んでいて、乗れないほどだった。何本か見送りようやく乗り込んだが、混みすぎて荒れた声を出す人も。皆仲良くしようぜ。優しくしようぜ。

 

雪自体は嫌いじゃないけども、そんなこんなで疲れてしまいました。

この写真の何倍も積もった。

 

※※

 

 

 

 

 

 

雪の映画といえばやっぱりこれを思い出すな。

1/4  誕生日

  • 2018/01/05

1月4日、42歳になりました。

昨日は体調絶不調で這うように病院に行く途中、信号無視の車にはねられそうになりました。これが私の誕生日。ひー、と声に出しつつ、うん、私らしい。

あのね、1月4日っていうのは仕事始めの日で、楽しかった正月明けて「ああ、仕事やだなー行きたくないなー」って人が街に溢れている日なんだよ、皆忙しくてあなたにかまっていられないのよ、何だかかわいそうね、と昔親戚に言われたことを思い出しました。やなこと言うねえ、でも、そうだそうだ。そうなんだよな。

でも、誕生日なんていつでもいいですよ。生まれてここまでこれて結果オーライであります。そんなこんなで臥せっていた昨日、ベットの中で読んだtwitter、facebookさんが受け付けてくれた皆さんからのお祝いのコメントがいつもよりぐっと身に沁みた1日でした。友人や家族、ここでつながっているみなさん、猫たち、今日までありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

信号無視するなよ!

 

 

 

元旦の動物園

  • 2018/01/02

元旦は夫の実家に里帰りしがてら近所にある市営動物園に行くのが毎年の恒例となっている。

我が家から自転車で30分の、坂の上にある小さな小さな動物園です。無料。

ロバとシマウマ。一頭ずつしかいない。昔は数匹いたらしい。去年家で見た映画のバルダザールを思い出す。

他にもレッサーパンダ、メガネザルなど、堪能する。皆かっこいい。

いい天気だった。動物園の敷地内にある神社で初詣をして、おみくじを引く。吉。毎年吉な気がします・・・いいよ、いい。

要約すると「驕るな」と書いてあったね。

 

 

 

 

1/1 あけましておめでとうございます

  • 2018/01/01

 

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

 

今年の目標:

「くよくよしない」

ハードル高いな。

とにもかくにも、がんばります!

あと、たくさん本を読もう。映画も観よう。対話しよう。実り多き一年にしよう。

 

2 / 11112345...102030...最後 »

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×