Stay Connected

Home

追記

  • 2013/02/26

「自殺」を読んで、自分の人生を振り返っています。

自分に話しかけている。

菓子作り考

  • 2013/02/26

子供の頃から何か作ったりしたいという衝動だけは溢れていて、

それは何も絵とか作品とかではなく、料理も好きだった。

細かな手芸やこつこつ描く漫画も大好きだったが、いかんせん飽きっぽいので続かない。

その点料理は、楽である。

準備に長くても何時間か。で、出来上がる。

そのお手軽感がいい。

必要にせまられてやる感じも好きだ。

食べてなくなってしまうところも、あっさりしていていい。

手芸は残る。みんなその為に作っているのだけど、過程が何より楽しい人間としては、出来上がったものに対して?と思う時がままある。

まあ、理想と現実ですかね。

で、最近なのだが、そのエネルギーの先が完全にお菓子作りに向いている。

まさかのお菓子。

これが楽しい。

1時間弱で、あらーこれ美味しいじゃないのってやつができあがる。

しかも行程は結構シビアなので、ストイックなふりをしたい私には最適なのだ。

ふり、と書いた。

そう、しょせん真似であり、ふりである。

結構手を抜き、それが結果として如実に現れる。

怖いよ、お菓子作り。

しかし、これが今私の一番気に入っているストレス解消法だ。すっとする。ぱあっと明るくなる。

今朝起きてすぐに「バナナと豆腐のマフィン」を焼いている。

これだけ書くとどんなに家庭的なクウネルな女なんだとツッコミを入れたくなるが、

そこにはもちろん日々の疲れや執着心や捨ててしまいたいことがたくさん練り込まれているので、

私の作るものは「怨念菓子」と言っても過言ではない。

でも、それでいいじゃないすか。

美味しいならば。

もしブランドを立ち上げるならば「on-nen」だ。

もやもやは小麦粉の中へ練り込んだ。

まあ、食べるから結局そのもやもやはまた体内に蓄積されてしまうのだが…

…今日もいい天気!(結局最後は力技なのだ)

で、できあがりました。

「豆腐とバナナのマフィンwith おから」

相当美味いです。

 

※※

私の大好きな末井昭さんのエッセイ「自殺」が更新されていた。

今回は「鬱と自殺」。

こんなに赤裸々に正直に書いていらっしゃるのに、ご本人が苦しんだことが「小さな嘘」であるという矛盾が胸に刺さる。

自分の人生を振り返り、考える。

末井さんの素直さに感服する。

苦しみも悦びも一度きり。

苦しみが少し長く続いても、結局は一度きり。

このエッセイには考えるきっかけをもらっている気がする。

 

 

心はロンリー、気持ちは

  • 2013/02/20

…。

変なタイトルだなあ。改めて。知らない人もいるかと思いますが。

あ、でも、「心」と「気持ち」をわけているところが、このタイトルのいいところなんだなあと、今思いました。

※※

今日ちょっと嫌なことという程でもないけど、ありまして。

ちょっと心にとげがささってるなと気がつきました。

こうなると私は本気でうじうじしてしまいます。

しかし悩んでも仕方ないし時間のムダなので、

37歳らしく、ここはひとつ、ぱあっと忘れます。

 

 

 

 

よかったな。

  • 2013/02/19

星野さんちの源ちゃんが元気になったんだって。

本当に、よかったな。

The answer, my friend, is blowin’ in the wind

  • 2013/02/18

とあるカフェにて。

この星のクッキーがついてきただけで、どんだけテンションが上がるか!と一人で静かに感激。

と思ったら、いろいろなことが明確になった。

大袈裟だけど。

最近いっぱい芝居を見ている。

スケジュール的に見れないものもあるけど、私にしてはかなり見ている。

劇団宝船、鉄割アルバトロスケット、バストリオ、マームとジプシー、ロ字ック、ペンギンプルペイルパイルズ、ミクニヤナイハラプロジェクト。

土曜日にマチネソワレのはしごをしてみたり、結構ハードスケジュールだ。

そしてこれからあと何本か見る。

どの舞台も全く違う表現を追求していて、それぞれ興味深く、そして面白い。

どの舞台もゆっくり感想を書きたいけど、

ちょっと立て込んでいてそこまで気が回らない。

見ている時、その瞬間の気持ちを大切にもっていられたらいいなあ。

でも人は、忘れる。

忘れてしまうのです、何もかも。いつか。

※※

シティボーイズミックスのチケットは発売になりました。

カフェで台本を読んだりすると、ついつい口パク状態になるので、(確実にヤバい人だと思われるから)気をつけたい。

最近は音楽を聴きながら台本を読んでみたりする。

今までやったことのない方法だが、これは意外といい。

身体の中が動いている感じがするし、妙に集中できるのです。

突然だが、

最近、ボブ・ディランの「風に吹かれて」な気分である。

The answer, my friend, is blowin’ in the wind,
The answer is blowin’ in the wind.

そう、こんな気持ちで今も風が吹き荒れる中凍えながらウォーキングしてきました。

あ、体力作りです。

早歩き、のちコンビニ。

今日は味付けのりを買って帰ってきました。好物だからね。

 

真剣なまなざしだ。

 

 

 

 

 

 

シティボーイズミックスの稽古は始まっている

  • 2013/02/09

友人のマスイさんが作ってくれたパーカー。

ロバの絵です。

このパーカーを着て、稽古に望みたいと思います。

稽古はまだ序盤ですが、毎回言葉では言い表せない程のものを受け取ってきます。

稽古の次の日はしばらくぼんやりしてしまう。頭がいっぱい。

そのことばかり考えてしまう。

とにかくがんばろうと思います。

空回りしてしまうかもしれませんが、

皆さんにおいて行かれないように、でも目一杯楽しんで前に進みたいと思います。

 

シティボーイズミックス「西瓜割の棒、あなたたちの春に、桜の下ではじめる準備を」

 

土曜日→日曜日朝

  • 2013/01/27

朝方ちょっと一段落した。

お疲れさまでした。

とりあえず書いておこう。

久しぶりに映画のサイトを開いてみた。

とりあえず「フラッシュバックメモリーズ」は絶対に見たい。

あと、あれ、「旅芸人の記録」とか、わー「勝手に逃げろ/人生」かあ。見たい(日程的に無理っぽい)。

今日のカラックスとチェルフィッチュ岡田さんのトークも行きたい(これは絶対に行けない)。

映画は書いておかないと何をどこでやるのかわからなくなる。

今日はこれから我が家のではなく、遊園地の事務所の引っ越しのお手伝いです。

寝ていないので、どうなることやら。

ハイテンションです。

観劇スケジュールもたてねばなるまい。

稽古も進む。

白髪はいつ染めるのだろう。

時間あれば、大いに染めたい。

 

 

 

 

突然ですが

  • 2013/01/26

これは震災後、うちの実家の前で撮った写真。

いわきの泉駅近く、上遠野自転車店です。

私が子供のころから店の前にはハワイアンセンターの看板がずっと置いてあって、

だからハワイアンセンターには思い入れが強いのです。

5年前おじいちゃんが亡くなって店は閉めたのに、

店の前にはハワイアンセンターの看板が立てかけられ、

月に一度看板は新しいものに取り替えられ、

震災後もこうやって看板は新しくなりました。

 

たまにこうやって震災の後に撮影した写真を見返しています。

全部倒れたうちのこけしコレクションも、瓦礫の山も、消えてしまった豊間も、小名浜も見ています。

※※

 

はー、それにしても。

眠いよ、眠い。もうやばいというぐらい眠いです。

一晩徹夜しただけで口内炎ができるし、何なのもう?

自分に怒っている。

自分の身体の融通の利かなさを理解し、何があってももう二度と徹夜しないと決めたのに。

37歳にもなって、自分との約束を守れない。

なんてダメなんだ、私は。

金曜日の夜

  • 2013/01/26

今日鏡を見て、白髪がぐっと増えている事に気がついた。

それは、今やっている仕事を始めたぐらいからのもので、

それはそれは白い。

ピンとはっている白き意思。

わかりやすい身体だ。

今の仕事は本当に難しく、毎日ぐったりしている。

上司の会話を聞いていて9割5分何を言っているのかわからないのだから、それも凄いという話だ。

さて、白髪は嫌いじゃないが、染めようかな。

昔から髪を染めるのが好きなのです。

姉と飲む。

姉は酒が強いので、つい一緒になって飲み過ぎてしまった。

先日受けた胃カメラ検診の話など。

あっという間に麻酔が効き、苦痛ゼロだったことを報告。

そういえば以前盲腸の手術をした際、下半身麻酔が効き過ぎて喉あたりまで感覚がなくなってしまったのだが、頭だけは冴えているという最悪の状態だったことを思い出した。

手術自体は全く痛くなかったのだが、中途半端な身体感覚でずっと気持ち悪かった。

しかも荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」がエンドレスで流れている手術室。

シュールだったな、今思うと。

 

 

この写真、どこで撮ったんだろう。

震災後、3月20日とある。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×