Posts at Random

6月 no.2


参議院選挙



新しい波


今日も


Stay Connected

Home

旅の覚え書き/名古屋

  • 2013/04/29

22日

朝起きて荷造り。

かばんが閉まらない。

二回り大きいスーツケースで来ればよかったかと後悔しながら何とか詰める詰める。

暴力的な力で何とかする。

お昼は宮沢さん、演出助手の上村聡くん、山本健介くん、今野裕一郎くんの5人で梅田のアジア料理屋。

笑ってのんびり過ごす。

山本くんが面白い。

私の弟に似ている。いろんな意味で。

皆と一旦別れて、幼なじみのSちゃんと再び会う。

Sちゃんとは離れて暮らしている分、お互い会える時間があれば会って話す。

特にたいした話はしないのだけど。

夜、名古屋へ向かう。

ホテルにチェックインして、かばんを開けたら中身がどさーっと溢れて来た。

はち切れずに、よくぞがんばった。

 

23日

午前中、どこか一人で散歩でもしようかと思ったけど、

夜に本番が控えているかと思うと出かけられない。

もし怪我したり迷子になったり携帯の電源がなくなったりしてしまったらどうしようと、

ものすごく臆病なのだ。

とにかくお昼ご飯を食べようと外に出て、

結局コンビニでいつもの食料を購入しホテルに戻った。

今回名古屋名物、ひつまぶし、味噌煮込みうどん、手羽先、あんこトースト、シノワロールは、すっぱりあきらめた。

胃が荒れたら怖いから。

どんだけー。

というわけで、ホテルでストレッチをしたり本を読んだりして、小屋入りの時間。

名古屋の劇場、アートピアホールもとても広くて気持ちのいい劇場だった。

本番は、やはり緊張。

人生初の名古屋公演、場所が変われば気持ちも変わる。

ドキドキした。

ちょっとクラクラもした。

でも、お客様の拍手が温かく、とてもとてもとても嬉しかった。

私は幸せ者だとつくづく思った。

夜、スタッフの皆さんと打ち上げ。

出演者のみなさんともいろいろお話をしたり、演出助手の山本くんを眺めたり、楽しい時間だった。

いつもお世話になっているスタッフの皆さんとももっといろいろ話せばよかった。

酔っぱらってホテルへ。

 

24日

朝起きたら、ゴミが。

酔っぱらって帰ってきてどうやらお菓子を食べたらしい、その残骸。

あー、やるね、たまにやるね。

もう反省せず。

外は大雨。

風呂で本を読む。

共演者の戌井昭人さんはサウナが好きだそうで、

旅公演先でも一人でサウナに行くと言っていたが、

私はとにかく湯船が好きで、

時間と体力があれば1時間ぐらい入っていたいクチだ。

その時間の中で雑誌を読んだり漫画を読んだり水を飲んだりアイスを食べたりする。

まあ、暇だし、湯船。

せっかくだから豊かな時間にしたいのだ。

で、ブルボン小林「マンガホニャララ」(大阪の本屋で買った)、向田邦子「霊長類ヒト科動物図鑑」(家から持って来た)、雑誌クロワッサン(名古屋のキオスクで買った)を持ち込み、読む。

ああ、素晴らしい。

湯船万歳。

しかし…

「嗚呼、ここに風呂のふたがあれば…ふたに本を置きながら読書ができるのに…」

ええ、ひどく貧乏臭い願望だとは百も承知で。

そして、そんなホテルは、ないよね。

小屋入り。

名古屋は2ステージで終わり。

寂しい。

お客様の笑い声が一段と大きく、幸せな回だった。感謝しかない。

カーテンコールではまた泣きそうになるが、一人で泣いていたらバカみたいじゃないかと堪える。

名古屋が終わってしまい、

あと3ステージを残すのみ。

岡田利規さんの小説の題名を少し借りるとするならば、

いよいよ、「私に許された特別な時間の終わり」が近づいている。

ホテルに戻り、夜中の1時半、名古屋の街を一人で歩いてみた。

人影はほとんどなかったが、

一人トレンチコートを着た私よりずいぶん若いであろうOLさんとすれ違い、目が合う。

彼女は今からどこに行くのだろうか?

パチンコ屋のネオン、サークルKの看板、面白い形のビル、チェーン店の居酒屋、マクドナルド。

この街を私は知らない。

しかし、ここに生活が仕事が人生がある。

そのことを考えながらとにかく寒い名古屋を歩いた。

名古屋公演のご褒美にハーゲンダッツを買いに行ったのが当初の目的であったが、

寒すぎて断念。

「何故私はこんな寒い風が吹く夜中ににアイスを求めて歩き回っているのか」

答えは全て風の中にある。

ディランもそう言っている。

…こんなどうしようもないことで持ち出されてはかなわないだろう、ディラン。

 

25日

午前中、名古屋観光をしようとも考えたが、

身体がだるく、

このまま帰ろうと決めた。

お土産を購入。

優柔不断なので迷う迷う。

「何だっていいじゃない」というマインドAと、

「せっかくだから美味しいものを」というマインドBと、

「味見できないのにどうやって美味しいものを判断するんだよ」というマインドCとが拮抗。

一発で決められる人間に心底憧れる。

新幹線のホームできしめんを食べた。

安いし、美味しい。

初・名物料理。

大阪ではお好み焼きもたこ焼きも食べなかったしなあ。

新横浜まで、ぼんやりしていた。

本も読まず、ただただ風景を見たり。

生きているといろんなことがあるのだなと考えていた。

新横浜に到着し、

身体が疲れていたので、

飛び込みで中国整体に入る。

果たしてそれは勝ったのか負けたのかわからないが、しかし大きな試合だったのは間違いない。

マッサージ師(女性)の方がとんでもない怪力の持ち主だったのだ。

とにかく痛い。

押せば激痛、骨が折れるかと思い、何度も叫び声をあげる。

「痛いです!」

と言うと、

「ヨワクね」

と力を落とすのだが、しばらくするとまたマックスに戻ってしまう。

また「あー!痛いです!」の繰り返し。

心地よさを求めて来たのに何故こんな仕打ちを…

と、恨み節で頭がいっぱいになる。

そもそも飛び込みマッサージは、賭けである。

賭けに負けたと思うしかないのだ。

そしてまたもや、

「アナタ、気が足りないね」

と言われる。

中国整体に行くと百発百中で言われる、「気が足りない」。

過去「アナタ気欠症ネ」と言われて5万円のマッサージクーポンを買わされそうになったこともあった。

気で満ちたい。

どうしたらいいのだろうか。

 

北九州編に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅の覚え書き/大阪編

  • 2013/04/26

18日

大阪入り。

夜、大阪に住む幼なじみであり親友のSちゃんと待ち合わせしてごはんを食べる。

明日小屋入りなのでと気をつかってくれて、野菜料理の店に。

少し食べる。

美味しかった。

舞台の話から始まり、食べ物の話、くだらない話など。

シアタードラマシティは梅田にある。

大阪は全く詳しくないが、この街にはほんの少しだけ思い出がある。

高校3年生の時Sちゃんともう一人のおさななじみAちゃんと一緒に青春18きっぷで東京から大阪まで旅行したことがあるのだ。

当時国鉄に務めていた私の父が大阪駅近くにある国鉄の簡易宿泊所を借りてくれ、そこで一泊した。

畳の部屋で、騒いだり、喧嘩したり。

今思えば友達だけで旅行するのは生まれて初めて。

少し興奮していたのだろう。

何だかすねた記憶がある。

その時の梅田は、なにもない、だだっぴろい印象だった(現在ヨドバシ梅田がある方です)。

今の風景とは全く別物で面影もない。

Sちゃんはこの旅行の後、家族で海外に移住し、今現在は結婚して大阪にいる。

宿泊先で台本を読む。

セリフを言えるかどうかチェックする。

忘れていたらどうしようと、気が気でない(小心者)。

 

19日

あまり眠れなかったが意外と元気。

シアタードラマシティ、小屋入り。

午前中は散歩をして身体を動かす。

路地に野良猫はいないかと探したが、収穫なし。

楽屋に入り、劇場へ。

劇場の広さに驚く。

パブリックシアターとはまた異なったタイプの客席で、横に広い。

声を出したり、きっかけを稽古したり。

そして大阪初日。

東京で15ステージやってきたけれど、やはり緊張する。

舞台袖で、手汗を拭い、舞台に。

そして無事終了。

お客様があたたかい拍手をくれた。

何だか泣きそうになってしまった。

 

20日

今日は昼と夜公演。

朝、散歩。

何だかめちゃめちゃ寒い。

一人で阪急三番街やその近辺をぷらぷらする。

寒すぎる…。

目に入ったレースの変なカーディガンを買ってしまいそうになり思いとどまる。

だいいちレースでは寒さ対策にならないではないか。

思いとどまり本当によかった。

喫茶店にでも入ろうかと思ったが、コーヒーを飲むとお腹が一杯になり舞台に差し支えるのでやめる。

小屋入り。

昼公演と夜公演の間が短いので、化粧を直したりご飯を食べたりしているとあっという間に本番だ。

ストレッチしていたら腰が痛いことに気がつく。

不安になって(小心者)、いろいろ体操し、何とか治った。

昼も夜も楽しかった。

緊張はするけど、わくわくもする。

毎回どんな舞台になるのか、自分でも全く想像がつかないからだ。

夜公演には、ヨーロッパ企画の本多くんと矢内原美邦さんと東京から相馬くんが来てくれた。

宮沢さんと映像の高橋さんと上村くん達と皆で一緒に劇場近くの居酒屋へ。

わいわい楽しかった。

ミクニさんからふりかけと猫のポーチをいただく。

冷たい雨が降っていた夜。

 

21日

昼公演で大阪は終わり。

あっという間だ。

朝晴れたがやはり寒い。早く起きてまたもや一人で散歩。

薬局や、コンビニや、ぐるぐる回る。

舞台はいろいろ面白いことがあったが、無事に大阪千秋楽終了。

(舞台のことは、北九州公演が終わってからゆっくり書きます)

お客様も毎日満員で嬉しかった。

個人的にも忘れられない舞台になった。

劇場には旧友・南波典子さんと旦那さんの佐藤さんが来てくれた。

南波さんは93年の遊園地再生事業団「トーキョー・ボディ」で共演して以来のお友達だ。

佐藤さんも遊園地再生事業団「ニュータウン入口」に出演している。

お二人は現在は奈良在住なので、なかなか頻繁には会えない。

元気そうな顔が見れて、よかった。

南波さんのブログを毎日楽しみに読んでいるので、今後も書き続けて欲しいと頼む。

東京からのお客様も来てくれた。嬉しい。ありがとう、島くん。

そしてSちゃん夫婦も見に来てくれた。

21日はSちゃんの誕生日でもあり、そんなこともあり、喜んでもらえたかな、いい誕生日になったかな。

夜、ABCホールに移動し、ナイロン100℃「ゴドーは待たれながら」を観劇。

いとうせいこうさんの戯曲、ケラさんの演出、そして大倉孝二くんの一人芝居。

かつてはこの「ゴドー」をきたろうさんが演じたというこの舞台。

絶対に見逃してはならないと思いつつ、東京では見れなかったのだ。

今日はいとうさんがアフタートークに出演するとのことで、これはと思いチケットをとった。

舞台はおかしみと哀しみに彩られた世界だった。

そして大倉くんのゴドーは、笑顔でありつつも深い絶望を抱えているように見えて、何度となく涙が出そうになった。

そして、敢えて書くと。

私も一応役者をやっているのでわかる。

あの台詞量もさることながら、

一人であれだけの重量のある舞台を支えることの「重さ」を。

「重さ」はプレッシャーに変化し、自分を圧迫する。

日々を浸食しかねない程の圧迫。

しかしそれは力にしなければならないし、跳ね返さなければならない。

大倉くんの姿を見ていると、その「重さ」を飲み込んだ巨大な怪物になっているような気がした。

跳ね返さず飲み込んだ、その潔さ。

ただそこに立つ怪物に震えた。

心の中で何度も、恥ずかしながら自分のこと、甘さについて考えた。

アフタートークはケラさんといとう(せいこう)さんと大倉くんと、スペシャルゲストできたろうさん。

4人のお話はとても楽しかった。

きたろうさんが大倉くんの姿を嬉しそうに見ているのが印象的だった。

終演後、楽屋に挨拶に行く。

大倉くんは痩せていたが笑顔だった。よかったー。

図々しく打ち上げに参加させていただき、ケラさんはじめ皆さんとお話をする。

いとうさんがこの戯曲を書いたのが32歳の時だと知り、驚く。

ああ、きたろうさんの「ゴドーは待たれながら」も見たいー。

 

 

では、名古屋編に続く。

 

 

 

 

 

 

 

あいだ

  • 2013/04/17

 

東京公演が終わり、次の日(15日)は家で休もうと思っていたのですが。

昼頃から何故か身体が「動きたい」と言いはる。

「頑張るねえ」と自分につっこみを入れつつ、とりあえず本屋に行った。

そしてたくさんの本を眺めて捲って、何も買わずに店を出た。

それだけで大満足だった。

ずっと欲しいなと思っている本があるのだけど、買わず。

 

そして次の日(16日)、この日は近所の川べりでお茶を飲んだり大阪公演に向けて準備をしたりしたけど、何だか体調が優れなかった。

夜は胃痛。疲れが来るのは2日後。筋肉痛と一緒だ。

 

今日(17日)、別の舞台の稽古に。

途中乗り換え駅の改札内に本屋があり、欲しかった本をつい買ってしまった。

我慢して我慢して、そして購入する瞬間は突然やってくる。

あっけなく、自分の中で決まる。

どうせ買うなら我慢しなくてもよかったのではないかとも思うが、

我慢すると買ったときの悦びが増す気がするので、

やっぱり私は我慢する。

大阪名古屋公演の準備。

台本を読み返す。

しばらく読んでいなかった「小説」が無性に読みたくなる。

全然小説を読んでいない。

読めなかったのです。

 

 

 

 

東京楽日

  • 2013/04/14

シティボーイズミックス、東京公演の楽日が終わりました。

ご来場下さった皆様まことにありがとうございました。

本番に入ったらここまであっという間でした。

日々ものすごい緊張したけれど、あまりに幸せな時間でした。

これから大阪名古屋北九州公演に行きます。

初めて行く劇場ばかり。

とても楽しみです。

いつも通り、ひとつひとつ、丁寧にいこうと思います。

北九州が終わるまで、皆さんどうぞよろしくお願いします。

 

たくさんのお客様に見て頂き、感激です。

励ましのメールやお言葉も嬉しいです。

本当にありがとうございます。

エネルギーになりました。

今日は少し休もうか。

全然読んでいないよりぬきサザエさんでも読もうか。

と、考えつつ、掃除をしてしまった。

 

 

明日東京楽日

  • 2013/04/12

前へ前へ。
最後まで。

東京はあと3ステ

  • 2013/04/12

ここまで、あっという間でした。

明日と明後日で世田谷パブリックシアターは終わり。

大阪名古屋北九州と続きます。

とにかく、1日1日を大切に。

本当に、ただそれだけ。

ほんの少しでも前に進めますように。

たくさんのお客様に見て頂き、心から感謝しております。

心から。

噛み締める。

明日明後日も私はいつもの平常心でいきたいと思います。

 

※※

わたしにとって「平常心」という言葉は、お守りのようなものだと気がつきました。

平常心ではいられない自分に「平常心平常心」と呟くことによって、

自分を支えてきたのだと思います。

これからも何度でも唱えます。

「平常心で無我夢中」

これが私の座右の銘。

師匠の言葉です。

 

 

 

 

折り返し

  • 2013/04/08

シティボーイズミックス。

東京公演は折り返し地点に来ました。

何だか夢のようです。

稽古中から毎日緊張していて、

「本番を迎えるなんて信じられない」と思った時もありましたが、

ふと気がつけばもう中日。

初日の緊張を今でも思い出します。

衝撃的な時間でした。

正直緊張し過ぎて腰が抜けるかと思いました。

私は下半身が弱いからか、

緊張すると腰を抜かしたり、

びっくりすると転んだりします。

ダサいことになります。

 

しかし最高に素敵な皆さんの大きな大きな背中にしがみつく気持ちで、後半戦も舞台上に立ちたいと思います。

ご来場下さった皆様、本当にありがとうございます。

そして、これからもご来場心よりお待ちしております。

 

今日も

  • 2013/04/06

楽屋です。鏡の前に名前を書いて貼ってあるんです。

今日もたくさんのお客様に見ていただき、感激です。

明日もみなさんの背中にひっついて頑張ります。

 

 

素敵なお花をいただきました

  • 2013/04/04

シティボーイズミックス、2日目終了。

たくさんのお客様に見て頂き、本当に嬉しく感激しています。

そしてこの舞台に立ててことを嬉しく思います。

楽日まで、皆さんと一緒に楽しんでいきたい。

今日もいってきます。

初日が無事にあけました

  • 2013/04/03

シティボーイズミックス、初日無事終了!
ご来場下さった皆様本当にありがとうございました。

今日は2日目。
いつも通りの朝でしたが、身体がちょっと痛い。
どこかに力が入っていたんだな、と実感。
何か美味しいものでも食べよう。

昨日は差し入れでいただいた美味しい大福で本番を乗りきりました。

この年齢になっても本番前何を食べたらよいか定まらない私。
まあ、結局その時の気分なんですが、
直前でけっこう悩むので時間の無駄。
「コレ」っていうのがあると楽ですね。

今日はバナナも持って行こう。

と、食べ物のことばかり考えている。

今日の天気は嵐。
心配だなあ。

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×