Posts at Random

8月16日


4月 5


ナフル



突然


Stay Connected

テーオ、ありがとう

  • 2023/09/23

 

2023年9月20日早朝、テーオが旅に出ました。

息を引き取りました。

16歳。

突然の別れでした。

まだ気持ちの整理がつきません。

 

 

小田急線喜多見駅の近くで見つけた眼球の飛び出した猫。

はじめは「メダマ」って名前にしようかと思ったんだけど、

それじゃああんまりだからっていって、

映画「三匹荒野を行く」に登場する勇敢な猫テーオの名前をつけました。

 

テーオ、旅に出ました。

長い時間のはじまりです。

ありがとう、テーオ。

眼球摘出手術を乗り越え、いろんなことを乗り越え、16年も生きてくれた。

勇敢な猫。

辛抱強くて、丈夫な猫。

触ると逃げるアウトロー。

美声の持ち主。

何より、その存在そのもの。

私たちはテーオに出会えて幸福でした。

 

船が待つ場所まで、どれくらいだろう。

今彼女は、足取り軽やかに進んでいるだろう。

片目はないが、そんなのはもう彼女にはどうってことない。

16年、それでやってきたから大丈夫。

船に乗ると、友達がそこにいるはずだ。

一緒に旅に行くメンバーが、テーオの到着を待っていると聞いている。

彼の地まで長い時間かかると思うけど、道中おしゃべりしながら楽しんで。

幸せな時間でありますように。

私もそのうち、向かいます。

 

 

 

テーオを応援してくださったみなさま、ありがとうございました!

 

 

 

テーオを保護した時、その時の日記が出てきました。

再掲します。

 

 

 

 

 

2007年10月29日「メダマ」

 

猫を拾いました。実は一ヶ月前から気になっていた野良猫をついに捕獲してしまったのです。

その子は今病院にいます。明日眼球摘出の手術をすることになったのです。

一ヶ月前私が家の近所で初めてその猫を目にした時は左目が飛び出ていて化膿した状態でした。右目は普通の状態なのでたぶん問題なく見えていると思うのですが、左目は、なんというか、その、飛び出ていて、なおかつ塞がった状態なわけです。でっぱった部分が眼球そのもので乾燥して皮膚のようになっている状態なのか、それとも瞼が肥大して目を覆ってしまっているのか私にはよくわからなかったけれど、とにかくめだまは普通の状態ではありませんでした。そしてさらに化膿し、血がうっすら流れている状態。すぐに「この子はもうすぐ死んでしまうかもしれない」と思いましたが、同時に私にはどうしてやることもできないなあとも考えました。

それからすったもんだがあって、話をはしょりますが、その猫に会いに出かけること一ヶ月、昨日捕獲してしまいました。とにかくその大変なことになっている「メダマ」部分をなんとかしてやりたかったのです。

病院に連れて行き先生に会わせたら、開口一番、「これは痛そうだ!何でここまでになっちゃったの?」と。そして事の経緯を話して、緊急手術になったのです。先生曰く「もう目としての機能は全く果たしていないし、こんなに眼球が飛び出していたら痛いに決まっている」だって。そりゃそうだ。だってもうメダマはメダマではなく、瘤のように固まってしまっているのだもの。

いろいろ考えました。で。我が家には愛すべきナフルという猫がいます。ナフルの幸福を一番に考え、まず「猫エイズ等の病気を持っていないこと(ナフルの健康を害してしまうのは困る)」。それがクリアできたら、「ナフルと仲良くできること(ナフルはナイーブな猫なので新しい猫が来たことによって激しいストレスを感じ体調が悪くなるかもしれない)」。この二つの条件があえば我が家で飼おうと思います。片目が見えないハンデもあるし。もし、両方クリアできない場合にはまた別の道を考えようと心に決め、先生に手術と治療をお願いしました。

名前は今のところ「メダマ」です。しかし明日手術が終わったらメダマはメダマのない猫になっているので、改名するかもしれません。

もしかしたら家族が増えるかもしれない。私は今かなり興奮していますが、しかしどこかで冷静です。なるべくしてこうなった気もしています。

 

 

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×