Posts at Random

もう少し



待つ女3




Stay Connected

モスクワの海

2021年12月の公演に寄せて

  • 2021/11/04

 

昨年の12月、新型コロナウィルス感染拡大の中、なんとか「モスクワの海」の稽古をしていました。

これはもしかしたら公演はできないかもしれないなあ…と思いながら、でもギリギリまで踏ん張ろうと4人でもがいていたと記憶しています。

しかし、新型コロナウィルスの新規感染者数は激増。不安視されていた東京の医療危機は現実のものとなってしまいました。

公演の一週間前、私たちはたくさんのことを話し合い、意思を確認をしました。そしてこの演劇公演の「無期限延期」を決めました。

 

 

 

あの日から、ちょうど1年が経とうとしています。

45歳、何とか生きております。

いろいろ頑張って動いております。

でも、せわしなく動いているようで、実際はどこかが止まっているような1年でした。

精神的にも身体的にも、どこかの一部が沈黙している。

そんな感覚が、ここ最近の私を大きく支配しています。

この2年弱、私を含むすべての人たちが、巨大な波にのまれました。

のまれ、浮かび、漂い、時に諦めそうになりながら、とにかく呼吸をやめないように。

皆、どこかそういう思いで、この夏を生きていた(乗り切った)のではないでしょうか。

その強度や深度は社会的数値にはなりません。

比較できません。

ただ、それぞれ個人の絶対的な感覚において。

心の傷はひとそれぞれで、他人と比べることなど到底難しいのです。

そして、もちろんその困難を超えて、我々は共闘していかねばなりません。

 

 

 

 

ここに昨年私が書いた、ある小さな小さな物語があります。

あるなあ、あるんだよなあ、と思いながら夏を過ごしました。

いつ上演されるかわからなくなってしまった戯曲です。

考えると胸が痛む日々が続きました。

この企画自体が消えてしまうのではないかと不安になる日も多くありました。

しかし、ふと出演者の3人の顔が目に浮かび、やっぱりやってみようと。

3人とはあれから一度も会っていません。

3人がどうやってこの1年を乗り切ったのかも、知りません。

しかし、なんとなくですが、想像はできます。

3人ともに、それぞれに、個人的な痛みを持ったとしても、今日まで生き抜いたに違いない。

こんなことを考えながら、そうだ、私たちにはまだ想像力が残っているのだ、と思いました。

そういえば、この戯曲は想像力がひとつのテーマでもあります。

そんな舞台にしたかったのだ!

というわけで、漂着できないまま揺れる私たちの姿。

私たちがまたどこかにたどり着くために。

たどり着かなくとも、生き切るための、そんな舞台を想像して、また創作してみよう。

セリフはなるべく変えずに……そんなことできないか。

この1年、自分も世の中もひっくり返っちゃったんだから。

でも、なるべく、感覚としては、変わらないものを。

また稽古場で、楽しんで作ろうと思います。

 

 

 

再演でもないのですが、気持ちを新たにと思い、タムナデ姉さんに再びチラシのイラストを描いていただきました!

凛々しい少年が我々の漂流を見守ってくれているかのようです。

 

 

松竹生、高木珠里、踊り子ありという素晴らしい俳優3人と一緒に創作できる喜びを胸に。前向きに生き抜くために。

もちろん感染対策を徹底しつつ、

年の瀬の下北沢で、再びぽつんと4人、お待ちしております!

 

 

2021年11月

スヌーヌー

笠木泉

2021年12月・スヌーヌー「モスクワの海」上演します

  • 2021/11/04

2020年12月に新型コロナウィルス感染拡大の影響で無期限延期になったスヌーヌー「モスクワの海」。

一年後、同じ日同じ場所、同じメンバーで上演することになりました!

チケット予約は11月27日土曜日からです。

新型コロナウィルス感染防止に努めながら、皆さまにお会いできますよう作品製作を進めてまいります。

12月の下北沢でお待ちしております。

どうぞよろしくお願いします。

2021年10月/笠木泉

 

 

 

 

 

スヌーヌー vol.2

「モスクワの海」

作・演出 笠木泉

出演 松竹生 高木珠里 踊り子あり

2021年12月26日(日)〜28日(火)

26日 16時 19時

27日 19時

28日 18時

(開場は開演の30分前)

場所:下北沢 ニュー風知空知

東京都世田谷区北沢2-14-2 JOW3ビル4F

下北沢駅から徒歩3分

チケット料金:2700円(1drink込)

チケット発売日:11月27日(土)

→スヌーヌーメールにて受付

snuunuuoffice@gmail.com

お支払い方法:当日現金でのお支払い・銀行振込を選択

メールに・氏名・希望日時・枚数・電話番号を明記してください。折り返しご連絡差し上げます。

<新型コロナウィルス感染拡大予防の取組>

・通常より席数を減らして販売します。

・換気につとめた会場作りを徹底します。

・当日はマスク着用でお越しください。

・受付での検温・アルコール消毒・会場の換気・氏名確認など新型コロナウイルス感染予防につとめた形での公演を実施いたします。お客様のご協力のほどを何卒よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先 snuunuuoffice@gmail.com

スヌーヌーtwitter @snuunuu

笠木泉twitter @izumikasagi

笠木泉blog https://izumikasagi.com/

公演詳細ページ http://snuunuumoscow.amebaownd.com/

制作・デザイン 笠木泉

チラシイラスト タムナデ姉

協力 劇団宝船、ドーナツもぐもぐクラブ、スコッド、劇団はえぎわ、ニュー風知空知

※新型コロナウィルス感染拡大状況による公演形態変更等、随時こちらで情報を更新いたします。

<出演者プロフィール>

松竹生 SHOU CHIKU-U/俳優。1991年北野武監督「あの夏、いちばん静かな海。」出演。以降、遊園地再生事業団、ペンギンプルぺイルパイルズ等の舞台に出演。近年では、コツブ桃山城「新しい映画」、Ito・M・Studio演技研究クラス第7回発表会「動員挿話」に出演。

松竹生twitter 

高木珠里 TAKAGI JURI /俳優。劇団宝船所属。劇団公演の他、KERA・MAP、ピチチ5、劇団☆新感線、ポツドール、T factory、明日のアー等の舞台やプロデュース公演、映像作品に出演。一人芝居や「高木珠里の演劇100人組手」等の自主公演も行っている。

高木珠里twitter

踊り子あり ODORIKO ALI /俳優。劇団はえぎわに所属。はえぎわ作品他、小劇場での作品に主に参加。前回のスヌーヌーの公演「ドードー」にて1人芝居に出演。

踊り子ありtwitter

 

 

<モスクワの海・延期記>中止を超える

  • 2020/12/19

2020/12/19

 

「モスクワの海」が中止延期になった。

 

先に、長い文章を書いた。そこに書かれていることが全てである。今まさに新型コロナウィルスが感染拡大している真っ只中だ。様々なことを議論し、お客様のためにも、社会のためにもやらないほうがいいと、4人で決断した。

決定し、事を粛々と進めた。各所に連絡し、説明をした。TwitterなどのSNSに書き込み、告知をした。メールを書いたり、返信したり、稽古場のキャンセルをしたり、それで数日が経過した。

 

この舞台は今年の夏から準備を始めた。このコロナ禍の中、ひょっとしたら「こうなるのではないか」とあらかじめ覚悟はしているつもりだった。そうなってもへこたれたりしないように心の準備をしていた。日々ジャッジを重ね、自分のメンタル危機管理を整えていたはずだった。

しかし実際は、それを軽く飛び越えてくるものがあった。まあ、私のメンタルの弱さは各方面に定評がある。「涙に価値がない」とまで言われるほどの泣き上戸だ。まずはそこだろ、かもしれないものの。

 

「公演中止の選択は、もしかしたら間違っていたのではないか」

「意味をなさないものなのではないか」

その思いが今も自分の中にある。

 

「会食、ステーキ、マスクなし」。

一連の報道を見る。

これで「医療従事者に云々」という、その矛盾。

誰が、誰を守るのか。

 

この大いなる矛盾を引きうけて、私たちは前に進むしかない。

 

10月からこつこつ稽古をしてきた。

その中で、出演者の3人である松竹生さん、高木珠里さん、踊り子ありさんとたくさん話をしてきた。

いいチームだと思う。

この状況下で演劇の稽古を続けることは結構いろいろ大変だけど、まずもって重要なことは「相手を尊重すること」だと思ってやってきた。人として当たり前のことだし、とりたてて言うことではないかもしれない。小さなことかもしれない。でもこれは結構超重要で。それが今4人の間で、バリバリ成立している。ストレスがない。奇跡のフォーメーションだ。それは俳優3人が舞台上でお互いを尊敬し合っているからなのではないかと、稽古を見ていて感じた。もしかして3対1だったら、どうしよう!でももし3人が結託して私の悪口を言っていても、私にバレなければ構わない!頼む、この先もだまし続けて欲しい!

 

ここで皆さんに朗報。3人ともすごく素敵な俳優さんだ。

3人を見ていると、俳優の呼吸とはこういうことなのだなあと勉強になるし、あと、純粋に楽しそうだ。面白いことをやろうとか、こういうふうに見せようとか、そういうことではなく、それ以前に、もっと原始的な「幸福」がそこにあるというか。私も3人に混じってセリフを言いたくなるが、あいにく私の出番は一切ない。びた一文ない。私は基本的には当て書きスタイル(世にそんなスタイルがあるのか知らないが)なので、今後も自分のセリフは書けないし書くつもりもない、感じがします。ちょっと厳しい、感じがします。

 

中止にしようと決めた日、3人が延期を強く希望してくれたことに、大きな力をもらった。

前に進む力だ。

私もこの3人の姿をみんなに見て欲しい。

暖かくなった頃に、なんとか、見て欲しいと思う。

それが私の次の目標になった。

 

少ない機会を最大限使い、稽古に勤しみ、いつか見てもらえますように。

 

というわけで、小さな演劇「モスクワの海」は続くことになった。中止になってから書き始めるのも不思議だけど、この公演に関して思ったこと、俳優のことなど、チームのことをここに記録していこうと思う。

 

2020年から2021年の我々の演劇の記録である。

 

新型コロナウィルス感染拡大が少しでも収まりますように。

うがい、手洗い、マスク、これ絶対。

 

 

 

 

 

 

 

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×