Stay Connected

3月20日あれから12年

  • 2007/03/22

今日は地下鉄サリン事件から12年。あの日のことは忘れない。一生忘れたくない。何故なら私はあの日地下鉄に乗るつもりだった。千代田線にのるはずだった。家で所用を済ませ、出かけようとしている時にあの報道が始まった。あの日のテレビから流れる映像は本当に怖くてまさかこれが実際に自分が住む場所で起きていることとは思えなかった。

今日思ったのは「オウムの魅力」についてである。人がオウム真理教に入る理由についてである。それは多くの人が他の新興宗教に入る理由とちょっとだけ違っていたのではないか。修行という行為への憧れみたいなものについて考える。

12年、いろんなことがあったなあ。

昼間宮沢さんとお会いした時にそんな話をした。その他「アデュー」の話やどうでもいい話など、8割私が話をしていた。宮沢さんの元に会いにいった(オーディションを受けにいった)のが12年前。私は19歳だった。

そんなこんなで考えながら組み立てた、段ボール素材の猫。すごく精巧に出来ていて綺麗だ。しかし、うちのナフ夫がすぐに噛んでしまわないかと心配で・・・。

ねこ

西原理恵子の元夫、鴨志田譲さんが亡くなったそうだ。42歳、腎臓がん。西原理恵子のマンガを読むと彼はかなりのダメ男で、でも憎めない存在で、アル中が原因で離婚した二人は、昨年また家族として復縁していたそうだ。子供が二人、42歳か。何だか私も哀しい気分になる。家族の形はいろいろある。人もいろいろだ。型にはめられない。ただ、人は成長することが出来る。変化することは出来る。私も成長出来るように頑張るしかない。気がついたことだが、私は苦しんでいる人が好きだ。苦しんでいることを隠そうとする人は好きだ。面白い。達観した人にはあまり興味がない。確立した人は面白くない。じゃあ、私は一体どうなんだ、君は一体どうなんだ、と自分に問いかけたまま眠くなる。

総じて自分の心の狭さと自分の古さと歪みに、まだまだ先がある気がして来たぞ。面白い。

You may also Like

ママ

2007/03/25

献立/宣伝

2007/01/11

本番中日記

2008/03/03

2 Comments

    steward

    23rd 3月 2007 - 2:38:15

     鴨志田さん亡くなったのですか。知り合いでもなんでも
    ないのに、なんだか私も哀しくなりました。
     私はなんだかここ数年、退化しているとしか思えないの
    ですが(老化なんでしょうけど笑)、それも「変化」という
    枠で捉えてよいのでしょうか。

    kasagi

    23rd 3月 2007 - 14:06:00

    stewardさん、こんにちは。

    そうなんです。私も全くもって知り合いでもなんでもないのですが、西原さんのマンガが好きで、かもっちにもやはり思い入れがありました。酒を飲んだ後の緑色の顔とかね。

    毒舌(というべきか)の女性を見ると、いろんな意味で胸が疼きます。西原さんは、特に。最近のマンガもいいけど、まあじゃんほうろうきとかも面白いですよね。

    死ぬまで変化、で行きましょうよ。私も退化している部分が多いのですが適当に無視することにします!

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×