Stay Connected

ご褒美/レントゲン

  • 2013/10/23

neko2

 

 

鍋ばかり作っている。

鍋ならどんどん食べれる。

というわけで、今年ほとんど料理してこなかったので、冬は出来る限り手を動かそうというわけですが、

鍋はあまりに簡単で料理と呼べるかどうか。

あとは煮物とか浅漬けとか、切り干し大根とかが楽でいい。

洋食は少ない。

面倒だからか?

面倒だという理由で、粗食傾向にあるのか。考えてみればそうかもしれない。

和食の方がずっと楽だ。

実際の行程の問題ではなく、

気が、楽なのだ。

料理本が大好きだ。

ゴージャスな料理も漬け物も見ているのは何でも楽しい。

どれも食べてみたくなる。

見ることにより気持ちを高め、レンジに向かい、

そして結局、楽か楽じゃないかで選んでいる。

せっかく他人の思想を垣間みれるのであれば、丁寧なものを感じて襟を正したい。

そんな気持ちで料理本を熟読するのが好きなのだが、

襟を正したあとに結局雑な料理を作り、自分を見つめ直す結果になる。おい。

しかも料理本に掲載されている料理のほとんどを作らない。

読む意味あるの?

と、問われたら、

意味なんていらないと応える。

−−−−−−−

最近買ったのは、今平積みになっている飛田和緒さんの「常備菜」というレシピ本だ。

美しい写真にほれぼれする。

レシピも作りやすい。

こういう本を買うと大切にしたくなる。

きちんとした値段の、丁寧な本。

自分にご褒美を贈った気分。

日々は、一にご褒美、二にご褒美、三四がなくて、五にご褒美ですよ。

小さなことでいいんですが。

ビスコ食べるとかね。

コンビニで40円出して。

これは「貧乏ご褒美」のジャンルに分類される、

しかしとても幸せな行為です。

ちなみに、飛田さんは、名前も美しいですね。

−−−−−−−

それと、あばらはやはり折れていたのではないかと思います。

ようやく痛みが収まってきました。

今更なんですがね、

二ヶ月前?ぐらいでしょうか、あばらを痛めたんです。

あまりに痛いので、

「これはやっちまった」と整形外科でレントゲンをとったのですが、骨にひびは入っていないとのこと。

おじいちゃん先生曰く「まあ、ひびが入っていようといまいと治療はできないんですけどね、あばらの場合、アハハハ」とのことで、

やたら高いコルセットと痛み止めをもらって帰宅。

舞台本番中だったので痛いのがとにかく煩わしくて、痛み止め飲んでいました。

打ち身なら少し経てばよくなるだろうと思いながら、

あれよあれよと最近まで結構癖になる痛みがあったのです。

今更ですが、

これ、折れてたのかもしれませんな。

のんきな話ですけど。

たぶん、折れてました。

もういいんですけどね、医者さん、折れていましたよ、これは。

まあ、いいんですけどね。

 

 

 

You may also Like

みちのく

2009/06/16

4/2 その3

2011/04/13

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×