Posts at Random





あたりめ


Stay Connected

秋が近づいて来た

  • 2009/08/30

しばらく更新が空いてしまった。この10日間ほど、何をしていたのか・・・。

22日、劇団鹿殺し「回帰!赤とうがらし帝国」を見に行く。鹿殺しって名前にびくついて行ったんですが、鹿は殺していませんでした。体力の限界まで動いている人たちを見ると「同志よ!」という気持ちになる。みなさん全身全霊でかっこよかったです。終演後、満身創痍で出演中の親友キシジュン(岸潤一郎)とモリカちゃんとじっくりしんみり話し込む。落ち着く顔ぶれである。

23日、大きな間違いをおかす。予定を一日間違える。蒲田の駅で「あ、明日だ」と気がついたあの時のガッカリ感といったら。最近一日間違えるということが非常に多いのである。時間を間違えるのならまだしも。

24日、改めて予定遂行。とても暑い日だった。

25日、朝4時起きで某ドラマの撮影に。共演した小学校一年生の女の子と仲良くなる。はじめは挨拶ぐらいで明らかに私を警戒していたのが、何分か経過し急に心を開いてくれた瞬間の笑顔が面白い。可愛かったなあ。子供たちと一緒だとリラックスできて、撮影も楽しかった。撮影場所は昔住んでいた柏市にほど近い流山市。流山電鉄という首都圏有数の渋さを持つ電車に乗りました。住んでいる時にも乗らなかった単線で、もはや存在自体が幻かと思っていたが、なんの、頑張って走っていました。しかしあまりにさびれていて一体ここはどこだ?という気分。終点が常磐線馬橋というこれまた切ない気分満点な駅で、この駅には確か競艇だかがあって駅前の「グレーっぽいスラックスをはいたおやじ率」80%であった。暑い一日だった。

26日、ぼんやり。英語の勉強したり、さいとう・たかを大先生「サバイバル」を読んだり、佐々木敦さんの「ニッポンの思想」を読んで一日が終わる。涼しい一日だった。秋がもうすぐ、ここまで来ているな・・・と物思いにふける。

27日、今日もわりと涼しいか。四谷に所用。変なおじさんといろいろ話す。変なおじさん、とはいえシムケン的な変さではない。真面目にこつこつ生きて来たが故に「ちょっと変わった」おじさん。私はこういう人が大好きなのである。いつまでも話していたかった。所用終了後。久しぶりに「サブウェイ」に入るも、以前との注文方法の違いに戸惑う。私は老人か。そして教訓は、「食べ物に関してあまり冒険してはいけない」。サブウェイに行ったら、ターキーブレスト、それでいい。夜涼しく、また物思いに。

28日、朝から喉が痛い。まんまと涼しさに負け、風邪引いたようだった。物思いにふけってる場合じゃねえよ。葛根湯大根おろしをがぶ飲み。「今日一日でゼッタイ治してやる!」と早く床に着くも、眠れず。つい「サバイバル」の続きを読んでしまう意思の弱さよ。あまりに面白い「サバイバル」がいけないのだよ、諸君。さあ体の節々が痛み出し、いよいよ「インフルか?」と不安になるも、朝起きたらすっきりしていた。私は一日で風邪に勝ったのだ、という充実感も、まあ無駄な一日だったのだ。風邪引かなきゃいいだけの話である。

28日、nibroll×shopfront「SuperPerfect」を見に、横浜STスポットへ。日本人とオーストラリア人の共同ワークショップで作って来たパフォーマンス。若さ溢れるものでありました。U25だって!私にもそんな時期がありましたけど、こんなにフレッシュだったかしら・・・。妙に懐かしい気持ちとともに、「若さ」にも時代が確実にあるなあと思いました。矢内原美邦さん始めnibrollメンバーに久しぶりに会えて嬉しかった。

そんな日々でした。さあ、今テレビでふと見た「テレビ将棋トーナメント」(NHK)が面白かった。佐藤天彦というプロ棋士が気になる。なぜなら、いつもここからの白くて細い方、または「DEATH NOTE」の「L」の様な髪型容姿であり、将棋の枠からはみ出したような、違和感があったから。調べたら88年生まれだって!若いぜ!どの世界にも新しい風が吹いているのだなあ。これから選挙に行ってきます。

You may also Like

健康を我に

健康を我に

2012/10/28

嗚呼!

2011/02/07

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×