Posts at Random

なんちゃん




映画


通勤路に


Stay Connected

演出のためのノート004 5/15

  • 2018/05/17

5/15

どんどん早起きになっていく自分が怖い。

というわけでまたもや早朝の書き直し。

もやもやしている。

何かが足りない。

そして何かが多い。

それが本質的なものなような気がしてならない。

怖い。

書いたような気になっているのではないか。

もっと考えなければ。

とりあえず、印刷部数が2部でよいということは嬉しい。

あっという間に印刷が終わる。

昼、別の仕事。休憩中、参考文献を読む。

自分はこの戯曲を書くにあたり、まず初めに「何を書きたかったのか」、そのことについて考える。

 

夜、稽古へ。

はえぎわに出演させていただいた時にご一緒した磯崎珠奈ちゃん(あだ名はたまちゃん)が稽古場見学にきてくれた。

たまちゃんは俳優、作家、演出、演出助手と様々な顔を持つ人です。

とても聡明で、それでいて可愛らしい人。

はえぎわでは本当にお世話になりました。

稽古場に私とありちゃん以外の人がいるのは初めて。

とても新鮮だし、嬉しい。

合間に「たまちゃん、普段こういう時ある?」なんて取材もさせていただき、とても参考になる。

しかもたまちゃん、私が舞台の寸法を測ろうとメジャーを持ったら、「すっ」と立ち上がり、まるで毎日一緒に作っているスタッフのように手伝ってくれてさ…わしゃ嬉しいさー。

てなわけで張り切って「2と呼ばれているシーン」を稽古をしていく。

何度も繰り返し、セリフを体で覚えていくってこういうことなのだろうな、と思う。

そりゃそうだよな、私もそうだもんな。

そうだ、自分が俳優として舞台に立っている気持ちを常に持っておこう。

そうすれば、自ずとありちゃんのことももっと理解できるし、見えてくるはずだ。

と、気がついたら休憩もとらず2時間以上経過。

ありパイセン、疲労。

「全然大丈夫です」と言ってくれたが、結構疲れたと思う、脳が。

反省。

丁寧に作るためにも、もう少しこまめに水分補給の時間を取らねば。

「3と呼ばれるシーン」を少しさらって、稽古を終える。

3は次回演出。

終わって、私も疲労していたらしく、知恵熱のような感じ。

うーん。

今までやったことのないことをしているわけなのだから、知恵熱もそりゃ出るわな。

たまちゃん、差し入れのワッフル、ありちゃん、絵のありちゃん。

 

 

 

 

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×