Posts at Random

折り返し




友達の唄


朝の多摩川


Stay Connected

ひこうき雲

  • 2007/01/08

本を読む。

松本清張「わるいやつら」下巻を読了。松本清張の推理小説は初めから犯人がわかっている場合が多いので、一体誰が本当に悪いのかを考えながら読むことになる。殺人を企てた人間の弱さもさることながら、その弱さを利用するずるがしこい人間を冷血に描写しているのが面白い。で、「わるいやつら」上巻は何だか乗り切れなかったんだけど、下巻はやっぱりどんどん引き込まれていって、1番悪い人が最後のページまで明かされなかったのが凄かった。それにしても本当に「わるいやつら」ばっかりで、困っちゃうな。皆自分のことしか考えてないから、面白いです。

向田邦子「きんぎょの夢」を読む。シナリオかと思ったら、シナリオを元に書かれた小説だって。不倫をしている小料理屋の女将の物語。小説にすることで何か新しいものが生まれたのだろうか。小説にする必要があったのかなって考える。

手塚治虫「ワンサくん」を読む。絵がまだ初期の雰囲気。お金を掘り当てるという才能がある犬のワンサくんが、とてもかわいい。しかしまだ何も物語が語られていないその導入部分で、いきなり「完」!つまり途中でほおり出された未完の作品だった。そんなこととはつゆ知らず読み始めた私はあまりの唐突な結末に、よだれをたらす。一体何を書こうとしていたのかも、わからない。手塚先生、罪作りな巨匠・・・。しかもこの作品はアニメ化されているらしい。えー。何でこんなマンガがアニメに?って素朴な疑問が生まれる。こんな中途半端な終わり方ではさすがに消化不良なので、アニメ版では一体どんな話になっているのか気になるところだ。

あとは「なんじゃもんじゃはかせ」を少しずつ読み進める。時間が止まってしまうのではないかと思う程のゆるやかさだ。

ニュースを見ると「爆弾低気圧」という聞き慣れない言葉が。言いたいことはわかるんだけど、何だか改名して欲しい気持ちだ。それからこのニュースについて考えているのだけど、兄妹という関係が特別なものだということを改めて考えさせる。特別だということは、他人であり自分でもある曖昧な存在だと錯覚を起こす存在だということなんだけど、ここは一つすっぱり「他人」だと思えたなら楽だっただろうなと考える。それにしても、私には計り知れない部分があって、何故兄は遺体をどうにかしないまま予備校の合宿にいってしまったのだろう。彼においての本当に勝手な推測なんだけど、日々いろいろな嘘をつき過ぎて本当に苦しかっただろうなと思う。

荒井由美「ひこうき雲」のアルバムを買いました。台本を書く時に聞いてみました。いろいろ迷走しながら書いています。本当に書けるのか不安でならない。気弱になってるのかもしれん。最近の夢は常に演劇関係でちょっとばかり悪夢の雰囲気である。舞台で転ぶ、舞台で埋まる、舞台で眠る、稽古で泳ぐ、舞台で農業、台本をなくす、共演者に追われる、共演者に髪の毛を引っこ抜かれる、共演者に告白される、共演者と山に登る、芝居を観に行き寝る。本当にこんな夢ばっかり見るんですけど、うなされているのだろうか。悪夢って程でもないけど、目覚めはよくない。しかも初夢はカンニング竹山と一緒に舞台にあがる夢だった。下北サンデーズだ!

You may also Like

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Stay Connected

Instagram

Monthly Archives

Recent Comments

×